ここから本文です

ゴディバあげたい、HKT運上に意中の人 やきもき村重には「お土産渡してる」

2/9(日) 20:10配信

西日本スポーツ

 ベルギーのチョコレートブランド「ゴディバ」の日本上陸48周年を記念するイベントが9日、福岡市中央区今泉のクラブ「エボル・グランドミラージュ」であり、HKT48の松岡菜摘、本村碧唯、村重杏奈、松岡はな、運上弘菜、渡部愛加里がミニライブを開いた。いつもの劇場とは雰囲気が違うミラーボールが回る会場で、「お願いヴァレンティヌ」や「チョコの行方」などバレンタインにぴったりな6曲を披露し、イベントを盛り上げた。

【写真】ゴディバとのコラボイベントに出演したHKT48のメンバーたち

 イベントはAKB48グループとゴディバのコラボレーションの一環。「48」にちなんだことや、ゴディバの「憧れだが身近な存在」というブランドイメージが合致したことなどから実現した。

 イベントは昼と夕方に2回実施し、ミニライブの間にあったトークコーナーでは、福岡出身のお笑いコンビ「バッドボーイズ」の佐田正樹と大溝清人がMCを務めた。AKB48の冠番組で共演したこともある2人との再会とあって、メンバーもリラックスした表情に。大溝が「村重と絡んだ後、めっちゃ疲れる」とぼやくと、村重が「悲しげ丸、しょんぼりシゲ」と返して会場を沸かせた。また、佐田が誤って本村に「(AKBに移籍した)中西智代梨さん?」と呼びかけた場面では、松岡菜摘がすかさず「顔が小さくなったね」と突っ込み、本村も「あんなに顔が大きくない」と返し、約150人のファンを笑わせた。

 バレンタインにちなんだエピソードでは、昼公演に松岡はなが「小学校の頃、好きな男の子だけにアレンジを効かせた手作りのチョコを渡した」という過去を明かした。夜公演では、村重も小学校の頃に、クラスで一番人気があった男子に12個入りのゴディバのチョコを買って好意を打ち明けたというエピソードを披露。チョコは受け取ってもらえたが「ほかに好きな子がいる」と断られたといい「せめてゴディバは返してほしかった!」と嘆いていた。

 イベント後の取材では、運上が「最近ご飯をごちそうになったので、碧唯さんにゴディバのチョコをあげたい」と、今年のバレンタインの“計画”を披露。村重は「なっぴ(運上)? プライベートでも仲良しだよね?」と不満をもらしたが、運上は「北海道のお土産とかはちょくちょく渡してるけど、今年はちょっとやめておきたい」と距離を置き、メンバーを爆笑させていた。(古川泰裕)

最終更新:2/10(月) 0:57
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ