ここから本文です

直木賞作家・安部龍太郎さん 「大航海時代の越後」語る

2/10(月) 11:18配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 新潟日報朝刊の連載時代小説「家康」の著者で、直木賞作家の安部龍太郎さんの講演会が3月3日午後4時から、新潟県長岡市のアオーレ長岡で開かれる。

 ケーブルテレビ事業などのエヌ・シィ・ティ(長岡市)が開局30周年を記念して企画した。安部さんは2013年に「等伯」で直木賞を受賞し、多くの時代小説の大作を発表している。本紙の「家康」は16年に始め、17、18年には「不惑篇」を、19年には「知命篇」を連載した。講演では「大航海時代の越後」と題して講演する。

 先着230人。無料。はがきかインターネットの特設サイトで申し込む。はがきの宛先は〒940-0032、長岡市干場1の7の9、エヌ・シィ・ティ企画課。

 問い合わせは同社、0258(77)0334。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ