ここから本文です

東京五輪メダル複製を違法ネット転売 全国初摘発、中国から輸入

2/10(月) 21:20配信

カナロコ by 神奈川新聞

 今夏開催される東京五輪のメダルの複製品を許可なく販売したとして、神奈川県警秦野署は10日、商標法違反の疑いで、大阪府寝屋川市、会社役員の男(32)を逮捕した。署によると、同容疑者は中国で複製されたとみられる複製品を海外のインターネットサイトで購入し、レプリカとして転売した。

 逮捕容疑は、1月4日から11日ごろまでの間、複製品の金、銀、銅メダル計7点をオークションサイトに出品し、県内や都内に住む男性3人に計5万8100円で販売した、としている。署によると、同容疑者は「中国から輸入し、60個ほど販売した」と供述している。

 署によると、メダルの裏側には東京2020エンブレムなどが刻印されていた。大会組織委員会のホームページに掲載されている画像を基に、中国で複製されたとみられる。

 署のサイバーパトロールで発覚。署によると、東京五輪の複製メダルの摘発は全国初。

神奈川新聞社

最終更新:2/10(月) 21:20
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事