ここから本文です

京都 開幕へ向け“収穫1敗” 新本拠に李忠成「埼玉スタよりも声が通りづらい」

2/10(月) 5:30配信

スポニチアネックス

 ◇プレシーズンマッチ 京都2―3C大阪(2020年2月10日 サンガスタジアム)

 J2京都こけら落としの1戦は“収穫1敗”だ。

 1万7938人が集まる中、J2京都のFW李忠成が「埼玉スタジアムよりも声が通りづらい」と話したようにメーンスタンド最前列からピッチまで8・5メートルと近く、互いの声が届かないことを実感。また芝生の長さやボールの跳ね具合を確認できたことはプラス材料だ。ピッチ内に目を向ければ、DF森脇は「ウイングバックが孤立するシーンがあった」とサイド攻撃で厚みを加える必要性を強調した。新本拠地の初陣は飾れなかったが「まだプレシーズンなんで」と李忠成。この日の課題を残り2週間で修正し、リーグ開幕・山口戦へと仕上げていく。

最終更新:2/10(月) 8:00
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事