ここから本文です

武漢の死亡邦人、新型コロナ感染 中国外務省が発表

2/10(月) 18:28配信

共同通信

 【北京共同】中国外務省の耿爽副報道局長は10日の定例会見で、8日未明に湖北省武漢で死亡した60代の日本人男性は新型コロナウイルスに感染していたと発表した。日本側は、陽性の疑いが強いが確定できないまま死亡したとしていた。

 耿氏は、中国本土で感染が確認された外国人は計27人だと説明。うち日本人1人と米国人1人が死亡し、22人が隔離治療中、3人が退院したとしている。

 関係者によると、死亡した日本人男性は複数のウイルスに感染し、どのウイルスが症状を悪化させたのかは不明という。日本外務省は、中国側の医療機関が死因を「ウイルス性肺炎」と判断していると発表していた。

最終更新:2/10(月) 18:48
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ