ここから本文です

ヤマハ、「MT-09 ABS」2020年モデルに新色追加

2/10(月) 17:24配信

Impress Watch

 ヤマハ発動機は、スポーツバイク「MT-09 ABS」のカラーリングを変更し、2020年モデルとして2月25日より発売する。価格は「MT-09 SP ABS」が113万3000円、「MT-09 ABS」が102万3000円。カラーバリエーションは全4色となる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 MT-09 ABSは、クロスプレーン・コンセプトに基づき開発された、水冷4ストロークの直列3気筒DOHC4バルブ845cm3エンジンを搭載するスポーツバイク。ヤマハレーシングブルーをベースにマットグレーを組み合わせた新色「ディープパープリッシュブルーメタリックC」は、スーパースポーツのフラグシップモデル「YZF-R1」の2020年モデルとの関連性が高められるのと同時に、ダイナミックかつスポーティなカラーリングとしている。

 なお、マットライトグレーメタリック4(マットライトグレー)とマットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)、および上級仕様「MT-09 SP ABS」のブラックメタリックX(ブラック)は継続販売する。

Car Watch,編集部:塩谷公邦

最終更新:2/10(月) 17:24
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ