ここから本文です

社員も兼務する美女レイヤー「将来はコスプレを取り入れたブライダルを提案したい」

2/10(月) 7:00配信

オリコン

 漫画やアニメ、ゲームなどと並び、日本を代表するポップカルチャーの一角として、海外でも認知されているコスプレ。最近では、テレビ番組や雑誌のグラビアページなどでも特集を組まれる機会が多く、 “誰でも気軽に楽しめる趣味”として、より幅広い層に浸透し始めている。今回は、コスプレイヤーが多数所属するプロダクションの社員としても活躍するコスプレイヤー、みるおさんにインタビューを実施。裏方としてもコスプレに携わる彼女に、業界の現状を語ってもらった。

【画像】お腹がチラリ…… 美女レイヤーの高クオリティコスプレ! キュートなビフォーアフターも

■「クライアントに“できること”を明確に伝えて仕事をしたい」

――自己紹介をお願いします。

【みるお】コスプレイヤーが多数所属するプロダクションに所属しながら、同社の正社員として、二足のわらじで活動しています。同社がカフェバーも経営しているので、そちらにも定期的に出勤しています。

――どういった経緯で、いまのような雇用形態になったのでしょう?

【みるお】憧れのブライダル業界の会社から内定をいただいていたんですけど、学校を卒業して社会人になるタイミングで、現事務所から「社員として働かないか」とお声掛けいただき、いろいろ考えた結果「説得力のある提案ができるようさまざまな経験を積んでから、ブライダル業界へ戻ろう!」という決意をしました。

――フリーランスではなく、プロダクションに所属しようと思われた理由は?

【みるお】もともとはフリーで活動していたんですけど、個人だと連絡のやり取りや、ギャランティの交渉がいろいろとたいへんで。トラブルを避けるためにも、サポートしてくれる組織に所属したほうが安心だと思い、籍を置かせてもらうことにしました。

――仕事となると、趣味でコスプレを楽しむときとは勝手が違いますからね。

【みるお】そうですね。それに、事務所に所属するようになってから、仕事に対する取り組みかたにも変化がありました。フリーランスのときは何か問題が起きても、自分責任でしたが、所属するとなると、私個人のミスが事務所そのものの評判に繋がってしまうので。ほかの所属レイヤーに迷惑をかけないためにも、これまで以上に真摯な気持ちで、お仕事に取り組もうという意識が強くなりました。

――コスプレイヤーとしてだけでなく、裏方のスタッフとしても業務に携わることで、新たな発見もあったのでは?

【みるお】ここ数年でコスプレも広く認知されるようになり、多くの企業様からオファーをいただけるようになりましたが、それでもまだ「コスプレイヤーをアサインしたものの、どんな業務を任せていいのか分からない」という案件も多くて。ですから、こちらから「こんなこともできますよ」と明確にお伝えして、より満足していただけるお仕事をさせていただきたいなと思っています。

1/2ページ

最終更新:2/14(金) 11:16
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ