ここから本文です

ソロキャンプにおすすめのテント7選

2/10(月) 20:13配信

DANRO

何をしてもいいし、何もしなくてもいい。どこまでも自由でいられるのがソロキャンプです。そんな素晴らしいソロキャンプを楽しむために、まずはテントを手に入れる必要があります。

テント選びは難しいので、これからソロキャンプを始める方にとっては、特に悩むところです。そこで今回は、ソロキャン大好きな私が厳選した、七つのテントをご紹介します。初心者の方からベテランの方までが満足できるテントを選んだので、ぜひ参考にしてください。(斎藤純平)

【写真】初心者からプロ用まで、オススメのテントを見る

Coleman(コールマン) ツーリングドームST

Coleman(コールマン) の「ツーリングドームST」は、数多くのソロキャンパーから人気を集めています。バイクや自転車でキャンプに行く方にとって重要な「収納時のコンパクトさ」が、売りとなっています。価格も1万円台と安く、最初のテントとしてもおすすめです。

天井の高さと、広々とした前室があります。荷物を全て前室に置けば、居住スペースを広く確保することができます。また、前室の屋根を利用すれば、雨の日でもソロキャンプを楽しむことができます。

初心者の方が特に苦戦しがちな、ポールを通してテントを張る、という設営の作業も、このテントでは簡単。なぜなら、設営中にポールが外れないようにする「ポールポケット」があるからです。

手伝ってくれる仲間がいないソロキャンプでは、非常に大きなメリットを持ったテントです。

OneTigris(ワンチグリス) Black Orca ワンポールテント

OneTigris(ワンチグリス) の「Black Orca ワンポールテント」は、薪ストーブの煙突を通すための穴が空いたテントです。

このテントは見た目がおしゃれで、存在感があります。それだけでなく、設営もとても簡単です。テントをペグで地面に固定し、1本のポールでテントを持ち上げるだけで完成します。

さらにテントの中で、薪ストーブが使えるので、雪が降りしきる北の地域の冬でも快適にソロキャンプをすることができます。

多くのソロキャンパーがオフシーズンを迎える冬の時期。雪景色を見ながら、薪ストーブの熱で作った鍋を食べる、という最高にぜいたくな時間を過ごすのはいかがでしょうか?

1/3ページ

最終更新:2/10(月) 20:13
DANRO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ