ここから本文です

単勝1.5倍の敗戦アルジャンナ 大きな代償を払う結果に【きさらぎ賞回顧】

2/10(月) 14:58配信

優馬

競馬専門紙「優馬」佐藤直文のレース回顧

 前半1000mが62秒0という大方の予想通りのスローペース。前走の東京スポーツ杯2歳Sで自身も従来のレコードを更新する時計で駆けたアルジャンナにとっては、スローペースでの対応のみならず、今の瞬発力が削がれる京都の馬場でどうなのか、という不安も抱えていたわけだが、陣営も“それでも何とかなる”と踏んでの出走であり、ファンもそう思っての単勝1.5倍の支持であったろう。その単勝を握りしめたファンにとっては残念な結果となったわけだが、ここで賞金を加算して余裕のあるローテーションでクラシックへ向かう算段だったはずの陣営も、大きな代償を払う結果となってしまった。

 コルテジアは、スタートを決めて絶好位と言える3番手。勝負どころで動いた2着馬を追うように進出し、これを目標にキッチリと捉えたところがゴールであった。コースや今の馬場の適性の高さを示したと言えるが、好位で流れに乗る形で競馬ができたという点でも、単に恵まれたものではなく、自身の成長もあったと見るべきだろう。

 2着ストーンリッジは、道中2番手から逃げた馬を目標にして上手な立ち回りができたが、逆に勝ち馬に目標にされてしまった分の負けだった。これまたペースや馬場に助けられた面はあるが、キャリアや血統を考えても先々が楽しみな馬だろう。

 3着アルジャンナは、けっして道中で離されたわけではなく思い通りのポジションで運べたと思えるが、上位2頭の仕掛けに反応できなかったあたりは、レース間隔があいていた分だろう。最後にエンジンがかかってからの伸びなどを見ても、能力評価を下げるべきではないが、前述したように賞金を加算できなかったのは痛かったはずだ。

 4着ギベルティは、今日のペースで逃げてアッサリと捕まって抵抗できなかったあたり、良くなるのはまだまだこれからか。

 グランレイは、ポジション自体は悪くなかったが、終始行きたがって力を消耗した印象。今日のような馬場も合わず、この結果は参考外かもしれない。

最終更新:2/10(月) 14:58
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事