ここから本文です

新作時計を価格別に紹介!【30~50万円】

2/10(月) 7:10配信

ウオッチライフニュース

 みなさんは時計を購入する際、どういった点に着目して時計を選ぶだろうか。デザインを重視するのはもちろん、ブランドの歴史的背景や、防水性などのスペックに比重を置いて購入する人も多いだろうが、“価格”という人も少なくないはず。

 この企画では、100万円以上の高級モデルから、10万円アンダーのカジュアルモデルまで、“価格別”に時計を紹介。今回紹介する時計の価格帯は、“30~50万円”。なお、紹介する時計は、2019年の12月から2020年2月に発売される新作時計に厳選しているので、時計を選ぶ際の参考にしてほしい。

U-BOAT(ユーボート) 1938 ドッピオテンポ

 多様な国家の特別部隊の依頼により、限定生産のスペシャルモデルを数多く輩出するユーボートから、イタリアの国家憲兵・カラビニエリのGIS(特別介入グループ)のためにデザインされた時計が登場した。10 時位置には日付けと時刻調整の、8時位置にはデュアルタイム調整のための、二つのエクストラクタブルクラウンを採用している。便利な24時間表示も装備。価格は税込み31万3500円。

▼問い合わせ先
ユーロパッション
TEL.03-5295-0411

ZEPPELIN(ツェッペリン) クロノメーター

 飛行船ツェッペリンの機体をデザインソースにし、丸みを帯びた文字盤や、タキメーター表示、ドーム形のガラスを装備。1日の平均偏差が2秒で、最大偏差が5秒を超えない時計のみに与えられる“、グラスヒュッテ天文台”のクロノメーター証明書も付属。価格は税込み。39万6000円

▼問い合わせ先
ウエニ貿易
TEL.03-5815-3277
http://ueni.co.jp

NORQAIN(ノルケイン) インディペンデンス19 オート

 3日間のデイト表示を用い、過去・現在・未来を表した新作ウオッチ。“オールド サテン フィニッシュ”の文字盤に、ブラックのインナーベゼルと、立体的なインデックスを配することで、現代風に仕上げている。価格は税込み、31万9000円

▼問い合わせ先
ノルケイン ジャパン
TEL.03-6864-3876

SINN(ジン) ミリタリータイプ 4

 “ジンといえばミリタリー”というイメージを復活させるためにスタートした、ミリタリータイプコレクションの新作ウオッチ第3弾。視認性を追求し、無駄をなくした次世代のミリタリーウオッチがコンセプトのため、クロノグラフでありながら12時間積算計を排除しているのがポイント。また、1960年代にドイツ軍のミルスペックの条件のひとつだった、アクリル製風防を搭載しているため、クラシックなルックスがより際立っている。価格は税込み、36万3000円

▼問い合わせ先
ホッタ
TEL.03-6226-4715
https://sinn-japan.jp

文◎松本由紀(編集部)

最終更新:2/10(月) 7:10
ウオッチライフニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ