ここから本文です

バルサ 負傷離脱のスアレス代役は香川同僚のスアレス?!

2/10(月) 5:30配信

SPORT.es

FCバルセロナは負傷離脱中のルイス・スアレスに代わるストライカーを探している。

冬の移籍市場は既に閉鎖しているが、バルサは今後手術を受けるウスマン・デンベレの負傷離脱が5か月以上だった場合に選手と契約できる資格がある。

バルサの緊急補強 9番候補に挙がるリーガの5選手

そして、ラジオ番組『El Larguero』によると、バルサは現在スアレスの代役として、香川が所属するサラゴサのルイス・スアレスに関心を示しているという。

スペイン2部で活躍する同選手は現在22歳。今シーズンは24試合で14ゴールを奪っている。1部昇格を目指す同チームは3位に位置し、1位のカディスに6ポイント差をつけられている。

報道によれば、バルサは既にスアレスに接触を試みているという。
しかし、この移籍は実際は実現するのは困難だという。移籍期間外の緊急補強が認められているのは、スペイン1部と2部のクラブに所属する選手のみであるという事だ。
サラゴサのスアレスはワトフォードが所有権を持っており、今シーズンはレンタルでサラゴサに加入している。

SPORT.es

最終更新:2/10(月) 8:56
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ