ここから本文です

「スーパーカブC125」の対抗馬 GPX「POPz 125」が日本上陸 気になる価格は?

2/10(月) 19:00配信

バイクのニュース

スーパーカブC125に負けない豪華装備

 タイのバイクメーカー「GPX」の製品を取り扱うGPXジャパンは、タイ王国でファミリータイプというジャンルにカテゴリーされる原付二種モデル「POPz 125」2020年モデルを販売します。

【画像】GPXの原付二種モデル「POPz 125」を見る(12枚)

 ホンダのスーパーカブと同じく、クラッチ操作が必要ない自動遠心クラッチ付きのロータリーミションを採用するPOPz 125は、排気量124ccの横型シングルエンジンを搭載したバイクです。

 インジェクションとセルフスターターを採用することで、気温に関わらずいつでも快調 にエンジンを始動できる同モデルは、リーズナブルな価格でありながら、前後灯火類にLED、フロントにディスクブレーキとテレスコピックサスペンションを備えるなど、しっかりと走りを楽しめる本格的な構成とされています。

 スーパーカブC125の車体サイズが全長1915mm/全幅720/全高1000であるのに対し、POPz 125は全長1880mm/全幅745/全高1070とかなり近い数値となっています。また、POPz 125のシート高はスーパーカブC125よりも20mm低い760mm、車重は99kgとC125よりも11kg軽く仕上げられています。

 そのほか、工具なしで2種類の硬さに調整できるリアショックや、ギアポジション表示付きのセミデジタルメーターを採用するGPX「POPz 125」は、ホワイト、レッド/ブラック、ブルー、オレンジ、ピンクの5色展開で価格(消費税10%込)27万2800円(参考までにスーパーカブ110の価格は28万500円、スーパーカブC125は40万7000円)となっています。

バイクのニュース編集部

最終更新:2/10(月) 20:08
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ