ここから本文です

広島東洋2位・宇草孔基、紅白戦で本塁打!打撃面でどんな進化を見せたのか?

2/10(月) 12:43配信

高校野球ドットコム

 広島東洋2位のルーキー・宇草 孔基(常総学院出身)が9日の紅白戦で本塁打を放ち、アピールに成功した。

高校日本代表時のワンシーン。代表主将・篠原涼ともにベンチに戻る

 高校時代、選抜で1試合5盗塁。さらに東京六大学通算11盗塁と突出したものではないが、塁間タイム3.8秒と超俊足の宇草がプロの扉を切り開いたのは打撃面の成長が要因だ。3年春、3年秋で二季連続で打率3割。さらに二季合わせて6本塁打。走れて打てるアスリート型プレイヤーとして評価を高めた宇草は大学日本代表入り。そして2位指名でプロ入りとなった。

 その宇草の打撃面はさらに成長を見せている。それは打球に強い力を伝える技術が格段にも上がったことだ。

 大学時代はすり足気味だったが、ノーステップ気味に変化。宇草がよいのは捕手側の左手を支点にして、少し捻りを入れて、ボールを手元で呼び込み、骨盤を一気に旋回させる打法で打球を飛ばしている。細身だが、体の回転が鋭いので、しっかりとボールに力を伝えるスイングができている。それができるのも軸がぶれず、体の回転をしっかりと伝えられるノーステップにあるだろう。あとは、様々なコースを強く叩く感覚を身についたら、もっと打率、本塁打を残せる選手になるのではないだろうか。宇草はこの一軍キャンプについて充実の日々だと感じている。

「周りのレベルも高いですし、練習の内容も濃いと思います。無駄な時間がないですし、1日1日、1球1球集中できていると感じます。先輩方優しいですので、コミュニケーション取ってくれます。龍馬さん、野間さん、誠也さんが声をかけてくれていますので、勉強になっていきます」
 意識の高い先輩に揉まれながら、成長を実感している。今後も、「一生懸命1日1日過ごしていければと思います」と意気込んだ宇草。このキャンプの猛アピールでオープン戦でも一軍に帯同し、さらには開幕一軍をつかむことができるか注目したい。

最終更新:2/10(月) 12:43
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事