ここから本文です

ヘンリー王子とメーガン妃、アカデミー賞授賞式のプレゼンター役を断っていた

2/10(月) 22:40配信

ELLE ONLINE

英王室の公務から引退することを発表した後、カナダに滞在しているヘンリー王子夫妻。その2人が、2月9日(現地時間)にLAで開催されたアカデミー賞授賞式に、プレゼンター役として登場することを依頼されていたという。だが、『ハロー!』誌によれば、夫妻はそのオファーを断ったそう。

アカデミー賞の授賞式は、2人が王室から離脱の意向を明らかにして以降、最も大きな注目を浴びる機会になっていたはず。つまり、世間の注目を浴び続けている夫妻がその場に姿を現さないことにした決断は、納得のいくものだったと言えそう。

ただ、夫妻は公務からの引退を発表した後も、完全に姿を隠してきたわけではない。2月6日(現地時間)には米金融王手JPモルガンがマイアミで開催したイベントにそろって出席。『E!ニュース』によれば、人目につかないよう会場に入り、デザートが出される前には静かに退席したとのこと。イベントではメーガン妃が王子を出席者に紹介し、王子はスピーチをしたという。

メーガン妃が結婚前には女優として活動していたこともあり、夫妻の今後の活動には高い関心が寄せられている。『ニューヨーク・ポスト』紙の芸能サイト『ページ・シックス』は2月1日(現地時間)、同妃が友人のスタイリスト、ジェシカ・マルロニーが出演するネットフリックスの新番組『I Do, Redo(原題)』に何度か登場すると報じた。だが英王室筋はその後、これを“まったくの誤り”として断固否定している。

依然として注目され続けるサセックス公爵夫妻。次にそろって公の場に姿を見せるのはいつになるのか、ファンたちは首を長くして待ちわびているはず。

最終更新:2/10(月) 22:40
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ