ここから本文です

リバプール、レバークーゼンの“エジル2世”を今夏No1ターゲットに?

2/10(月) 18:30配信

超WORLDサッカー!

リバプールが今夏、レバークーゼンに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(20)の獲得を画策しているようだ。イギリス『エクスプレス』が報じている。

レバークーゼン下部組織出身のハフェルツは、2016年10月にクラブ史上最年少となる17歳126日でトップチームデビューを果たした逸材。昨シーズンのブンデスリーガで17得点4アシストの数字を残してブレイクを遂げると、今シーズンもここまで攻撃の中核を担い、18試合4得点2アシストをマークしている。

そのハフェルツを巡っては、左利きの攻撃的なMFということで“エジル2世”とも呼ばれ、バイエルンやバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドを含む複数クラブの関心が加熱しているが、プレミアリーグ初制覇に迫るリバプールも中盤のスケールアップを狙い、今夏のNo1ターゲットとして獲得に乗り出す模様だ。

そのハフェルツの獲得に必要な移籍金額は、リバプールが2018年1月にオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを獲得する際に投じたクラブ史上最高額の7500万ポンド(現レートで約106億1000万円)に迫るとも…。それが失敗に終わった場合、バルセロナからバイエルンにレンタル中のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを連れ戻す案にシフトする可能性もあるというが、いかに。

超WORLDサッカー!

最終更新:2/10(月) 18:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事