ここから本文です

グリコ森永事件で青酸入り菓子が置かれたコンビニ移転 発生から36年、事件伝える現場が姿消す

2/11(火) 8:14配信

神戸新聞NEXT

 1984(昭和59)年3月の江崎グリコ社長の誘拐事件に始まり、警察やマスコミに挑戦状を送付するなど「劇場犯罪」として社会を揺るがしたグリコ森永事件で、青酸入り菓子が置かれた兵庫県西宮市のファミリーマート甲子園口店が15日に閉店、移転する。発生から36年がたち、事件を伝えた現場がまた一つ姿を消す。

【写真】青酸入り菓子がコンビニに置かれた際、防犯カメラに写った男

 「かい人21面相」を名乗った犯人グループは誘拐や放火、青酸入り菓子をばらまくなどの事件を重ね、森永製菓などの食品会社を脅迫して億単位の現金を要求した。ファミリーマート甲子園口店近くにあった当時の江崎グリコ社長宅は既に駐車場となっている。

 JR甲子園口駅に近い同店には84年10月、青酸入りドロップが置かれ、「どくいり きけん」と書かれたシールが貼られていた。さらに防犯ビデオに写った不審な男は「ビデオの男」として公開手配された。同店は今月15日の閉店後、向かいに建つ新店舗での営業再開を予定する。

 周辺の住宅街には新住民が増え、同店を利用する客の多くはグリコ森永事件を「よく知らない」と声をそろえる。一方で事件の詳細を覚えているという男性(68)は「店を残しても犯人が捕まるわけではない。事件の風化は仕方がないのでは」と話す。

 兵庫県内では、同店のほかに川西市内のコンビニやスーパーなど3店でも青酸入りの菓子が見つかり、うちコンビニ1店が既に閉店している。県警は西宮署に捜査本部を置いたが、2000年に一連の事件が全て時効となった。

最終更新:2/11(火) 8:31
神戸新聞NEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事