ここから本文です

話題のコミック『私の家政夫ナギサさん』が、多部未華子主演でドラマ化! 共演は大森南朋&瀬戸康史

2/11(火) 8:01配信

エムオンプレス

■仕事に一直線な独身アラサー女子と、おじさん家政夫。そこに仕事のイケメンライバルが急接近! 笑って泣いて癒される、ハートフルラブコメディ!
TBSの4月期の火曜ドラマ枠(毎週火曜22時)にて『私の家政夫ナギサさん』が放送されることが決定した。

【画像】原作コミック版の主人公・相原メイとスーパー家政夫・鴫野ナギサ

原作は、国内最大級の電子書籍サイト『コミックシーモア』(運営:エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社)発のオリジナルコミック『家政夫のナギサさん』(著者:四ツ原フリコ)。ソルマーレ編集部の少女漫画レーベル「恋するソワレ」にて連載中の人気作品で、WEBコミックがTBS連続ドラマの原作となるのは初めての試みだ。

物語の主人公・相原メイ(あいはら・めい)は、製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマン。仕事は誰よりもできるのに、家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子だ。そんなメイの28歳の誕生日の夜、家に帰ると見たことのないエプロン姿のおじさん・鴫野ナギサ(しぎの・なぎさ)が突然現れる。おじさんの正体は、料理・洗濯・掃除といった家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫だった!

見ず知らずの男性、ましてやおじさんが家にいるなんて絶対イヤ! と最初は拒むメイだったが、共に時間を過ごす中で、いつしかナギサさんの存在に安らぎや温かみを感じていく。

そんななか、仕事でメイの前に強力なライバル・田所優太(たどころ・ゆうた)が出現する。この強敵を前に、成績優秀で負け知らずだったメイは大ピンチに。しかし田所は、メイの警戒心をよそに爽やかにメイに急接近! 田所によってメイは仕事も恋も振り回されていく――。

主人公・メイを演じるのは多部未華子。TBSドラマへの出演は、2016年7月期に放送された日曜劇場『仰げば尊し』以来となる。ドラマや映画、CMなど出演作が途切れることなく活躍を続ける多部が主演を務める今作では、28歳となったキャリアウーマンの主人公・メイが、仕事だけでなく恋も婚活も頑張り、いっぱいいっぱいになる姿を、表情豊かに明るくポップに演じる。

メイの生活に安らぎと潤いを与える家政夫・ナギサさん役は大森南朋。2017年10月期の金曜ドラマ『コウノドリ』以来のTBSドラマ出演となる大森。彼の渋くてハードボイルドなイメージからは想像できない、エプロン姿で家事をするおじさん家政夫というギャップのある役どころが、本作の見どころのひとつとなることは間違いない。

メイの仕事のライバルとなる田所役には瀬戸康史が決定。TBSのドラマ出演は、2016年4月期の金曜ドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』以来、4年ぶりとなる。今作では、爽やかで一見非の打ち所がない田所を、かっこよくかつ魅力的に演じる。

多部、大森、瀬戸の3人が、それぞれの役をどう演じ、そしてどんな化学反応を見せるのか、注目だ。

働き盛りで仕事に一直線! だけど家事と恋はちょっと不器用。そんな主人公・メイが、おじさん家政夫を雇うことから巻き起こるハートフルラブコメディ。4月という新年度のスタートに癒しとエールを届ける火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』に期待が高まる。

■あらすじ
製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイ(多部未華子)は、仕事は誰よりもできるのに、家事がまったくできないアラサー独身女性。そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れた! その正体は、すべての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)。ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。

一方、仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所(瀬戸康史)が出現! 突如現れ、自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所に、メイは気が気ではなく、ライバル心と警戒心をむき出しにする。しかも、田所はライバルだというのに、爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることに……。

そんな仕事に恋愛にいっぱいいいっぱいのメイは、家政夫のナギサさんに家事をサポートしてもらい共に過ごす中で、彼が持つ、まるでお母さんのような“包容力”と“温かさ”、そして“癒し”に触れ、いつしかナギサさんの存在に救われていくようになる。そして、ナギサさんが時間と心の余裕をもたらしてくれたことにより、仕事ひと筋だったメイは、「生活」「恋愛」「結婚」「家族」「将来」という自分の人生と本当の幸せについて、次第に考えるようになっていく――。

仕事一直線で頑張ってきた不器用なアラサー独身女性・メイと、そんな彼女の家に派遣されたおじさん家政夫・ナギサさんが、周囲を巻き込みながら、本当の幸せを探すハートフルラブコメディ!

■登場人物
◇相原メイ(あいはら・めい)(28):多部未華子
製薬会社「天保山製薬」の営業職であるMRとして働くアラサー女性。自他共に認める負けず嫌いで、仕事では入社3年目からずっと営業成績1位を維持している。隙がないので、周囲からは「仕事もプライベートも完璧」と思われているが、実は仕事以外のことはとにかく無頓着で不器用。家事が大の苦手で、部屋は物で溢れ散らかり放題。家事や恋愛や婚活もしなければと思ってはいるが、すべての時間を仕事に捧げてしまうため、結局あと回しに。しかし、おじさん家政夫のナギサさんとの出会いを機に、自分の人生と幸せについて考えるようになっていく。

◇鴫野ナギサ(しぎの・なぎさ)(50):大森南朋
家事代行サービス業者「NTSクリーンハウス」に勤めるエース家政夫。50歳のおじさんという、家政夫としては異色の存在ながら、指名率ナンバーワンを維持している。依頼者の生活をサポートする家政夫という仕事に誇りを持っており、掃除、洗濯、料理といった家事全般を完璧にこなす。また、口数は少ないが、謙虚で穏やかな人柄と独特の安心感、そしておじさんならではの豊富な人生経験をあわせ持ったナギサのひと言は、依頼者の心をスッと楽にしてしまう。ひょんなことからメイに雇われ、多忙なメイに時間と心の余裕をもたらす存在になっていく。

◇田所優太(たどころ・ゆうた)(32):瀬戸康史
外資系製薬会社「アーノルド製薬」のMR。性格もルックスも完璧で、まさに王子様的存在。また、仕事もデキるため、製薬業界内では超優秀なMRとしてちょっとした有名人になっている。誠実な人柄で、医師や営業先から絶大な信頼を得ている根っからの人たらし。ライバル会社の社員に対しても垣根なくオープンに情報を交換したり、気さくに接するなど、とにかく懐が広く非の打ちどころがない。メイと同じ営業エリアに異動になり、営業先の病院やクリニックでよく遭遇するうちに急接近していく。そしてメイに恋の嵐を巻き起こすことに。

(C)TBS

■多部未華子 コメント
仕事に対してはとても真面目で一生懸命なのに、家のことはまったくダメダメな、愛らしくも応援したくなる キャラクター相原メイを、春の暖かくなる季節に演じることができて、とてもうれしく思います。明るいテイストの中にもほっこりしたり、じーんとしたりと、心がほかほかするドラマになるといいなと 思っています。ぜひ、ご期待ください。

■大森南朋 コメント
ナギサさんは真面目でかわいらしい人です。おじさんの、いい部分を出せるように頑張っていこうと思います。

■瀬戸康史 コメント
周囲からの自分の見え方や評価って、自分自身が思っているものとはギャップを感じてしまうことが多々あります。本当の自分はそうではないのに、どんどん周りに自分のイメージを作られていく。そして、いつからかそれに応えようと頑張っている自分……。『私の家政夫ナギサさん』は、そんな状態から解放してくれます。頑張らなくていいんだ。できないことはできなくていいんだ。誰かに頼ってもいいんだ。そう思える作品です。肩の力を抜いて観ていただけたらうれしいです。

■原作者・四ツ原フリコ コメント
すごすぎて未だ実感が湧いておりません。3次元のナギサさんやメイたちを観られるのが楽しみです。

■プロデューサー・岩崎愛奈 コメント
仕事、キャリアアップ、育児、恋愛、婚活、生活……。とにかく忙しい現代の女性たち。そんな女性たちにとって、「家事」は永遠の課題であり、大きな枷のひとつなのではないかと思います。まるで呪いのようなこの重たい枷から、誰か解放して! と、誰もが思ったことがあるのではないでしょうか。かくいう私も家事からの解放を願ってやまないひとりですが、この物語の主人公・メイもしかり。仕事に全力投球しているため、家のことは二の次で部屋はぐっちゃぐちゃ。これじゃダメだなと思ってはいるものの、SOSを出すこともできず、ついついひとりで頑張りすぎてしまうメイは、いわば現代の女性の象徴です。
「多様化」や「ダイバーシティ」といった言葉がしきりに飛び交い、生き方も働き方も大きく変わり始めていますが、理想と現実がまだまだ乖離しているのも事実。社会には今も凝り固まった価値観が根付いていて、窮屈さを感じている人は少なくないと思うのです。そんななかでも、多忙な日々を逞しく切り拓いていく女性たちと、頑張るすべての人に、「誰かの手を借りたっていい」「苦手なことはアウトソーシングしたっていい」というメッセージを届け、重たくのしかかる枷からちょっとだけでも自由になってもらえたら――。このドラマはそんな思いから生まれました。
ついつい頑張り過ぎてしまう主人公のメイと、そんな彼女をサポートする家政夫のナギサさんが、右往左往しながら「自分にとっての本当の幸せ」を見つけ、自らを解放していく姿を、ふたりと一緒に笑って泣いて癒されてドタバタしながら、見届けていただけたらと思います!

番組情報
TBS 火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』
4月スタート 毎週火曜22:00~
[スタッフ]
製作:TBSスパークル TBS
原作:「家政夫のナギサさん」(四ツ原フリコ 著/ソルマーレ編集部)
脚本:徳尾浩司
プロデューサー:岩崎愛奈(TBSスパークル)
演出:坪井敏雄 山本剛義

[出演者]
相原メイ:多部未華子
田所優太:瀬戸康史

鴫野ナギサ:大森南朋

最終更新:2/11(火) 8:01
エムオンプレス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ