ここから本文です

【オーストラリア】豪企業の支払い不履行、昨年は29%増

2/11(火) 11:30配信

NNA

 オーストラリアで昨年、支払い不履行に陥った企業の数が前年比で29%増加したことが、企業の信用情報サービスを提供するクレディターウオッチの調査で明らかになった。同社のコーラン最高経営責任者(CEO)は、多くの中小企業が債務返済に苦しんでいることの表れだとし、今後1年間に企業破綻が増えると予測している。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

 クレディターウオッチは、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)やオーストラリア金融保障局(AFSA)、裁判所、債権回収企業などから集めた資料を基に分析を実施。この結果、運輸業界における支払い不履行が前年比64%増、ヘルスケア業界で同79%増、不動産サービス業界で同61%増加したという。

 コーランCEOは、「(これまでの調査で)支払い不履行に陥った企業の約半分が、1年半以内に何らかの管理手続きに入ることが分かっている。企業の破産数は2018/19年度から減少しており、オーストラリア経済の強さがうかがえる一方で、数字を深く掘り下げて見ると、嵐が起きる前兆が読み取れる」と述べた。

 支払い不履行に陥った小規模企業に対する訴訟件数を見ると、タスマニア州以外のすべての州・準州で増加が見られ、中でも南オーストラリア州は同57%増加した。小規模企業による支払い不履行は、取引先からの支払い遅延が原因になっているケースも多いという。

最終更新:2/11(火) 11:30
NNA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ