ここから本文です

福井県議カラ出張、視察記録なし 発注者側が明らかに、疑惑深まる

2/11(火) 15:15配信

共同通信

 福井県の石川与三吉県議(89)が、地元敦賀市の「塩浜工業」が請け負う工事を視察する名目でカラ出張を繰り返していたとされる疑惑で、石川氏が2014年1月以降に4回訪れたと申告した雨水ポンプ場を所有し、増築工事を発注した宮城県塩釜市の議会事務局は、11日までの共同通信の取材に対し「石川氏が視察した記録は残っていない」と明らかにした。

 石川氏は8日の福井県議会事務局の聞き取り調査に、架空の疑いがある計44回の出張は「全て実際に行った」と主張。一方、手帳や領収書は「既に処分した」としており、根拠を示せていない。工事の発注者側にも記録がなければ、疑惑はさらに深まることになる。

最終更新:2/11(火) 15:26
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ