ここから本文です

悔しくて花束投げつけたーー新井恵理那、「無職」からの確変、目指すは「人食い花」

2/11(火) 8:18配信

Yahoo!ニュース 特集

「降板を卒業と言い換えても、次の仕事がなくなるシビアな状況に陥るだけ。言葉でごまかさないでほしいって思うんですよ」

新井恵理那は王道すぎるフリー女子アナだ。青山学院大学ミスキャンパス、在学中にセント・フォースに所属、社会人1年目にはお天気キャスターでレギュラー番組を獲得。2019年のテレビ出演本数ランキング(ニホンモニター調べ)では総合5位となった売れっ子だ。しかし、新井は「女子アナ」を目指していたわけではない。むしろ偏見すらあったという。仕事がなくなった経験から、女子アナとしての変化、葛藤を語った。(取材・文:岡野誠/撮影:殿村誠士/Yahoo!ニュース 特集編集部)

アナウンサー試験は4社だけ記念受験、スカウトでフリーアナの道へ

「中学生の頃、何げなくテレビを見ていたら、女子アナのちょっとした一言が本心ではないなと感じ取ったんですね。常に笑顔を求められ、自分の気持ちに嘘を付かなきゃいけない場面もあるなんて嫌だな……と勝手に思い込み、辛い職業だなと偏見を持っていたんです」

幼少期から父親に「周りに合わせなくていい」「自分の思うことを大事にしなさい」と育てられてきた新井にとって、八方美人のイメージも強い女子アナには向いていないという直感が働いていた。

そんな彼女の転機は大学2年の時、ミス青学コンテストだった。大学構内で、ミスコンを主催する広告研究会に出場を打診されたのだ。軽い気持ちでエントリーすると、最終審査の6人に残った。候補者たちの親睦を深めるための旅行が企画されたが、新井は拒否した。

「これから競い合うのに、仲良くなったらしんどいなと思ったんです。他の5人が旅行から帰ってきたら、すごく親密になっていて遅れたなあと。今考えれば、行けば良かったですよね(笑)」

勝負への執念を持つ新井は、ミスキャンパスの栄冠を手繰り寄せる。過去にミス青学コンテストからは滝川クリステルや田中みな実(ともに準ミス)などが女子アナになっており、周囲は新井も同じレールを走ると考えていた。本人にその気はなかったが、3年生になって就職活動の時期が迫ってくると、「キー局の試験は1番早いし、良い経験になる」と勧められ、記念受験程度の気持ちで夏から始まった選考で4社を受験した。

「日本テレビやTBS、テレビ朝日は筆記や2次面接などで落ちました。ダメで元々と思っていたので、あまりショックはなかったんですね。でも、フジテレビだけは最終面接の4人まで残ったので、淡い期待を抱いてしまった。落ちたとわかった時はトイレの中で号泣しました。私はアナウンサーになりたいという熱意が圧倒的に足りなかった。見透かされて当然でした」

1/3ページ

最終更新:2/11(火) 8:18
Yahoo!ニュース 特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ