ここから本文です

センスがいいと言われる人が着ているのは、こんなアウター!

2/11(火) 7:01配信

LEON.JP

季節の変わり目に活躍するアウターとして、人気の高いスエードブルゾン。まだまだ寒さが続く時期ですが、理想の一着を狙うのであれば、カラーやサイズが豊富な今こそが断然買い時なのです!

アッという間に正月休みも過ぎて、気がつけば春の到来も秒読み!? さすがに気が早いと突っ込みを頂きそうですが、今から準備しておくべきモノもあるのです。

それが、季節の変わり目用のアウター。冬用のコートを脱いだとき、慌ててちょうどいい羽織りを探しても、すでにソールドアウト、なんてことが良くあるから。

特にスエードブルゾンは、温かくなってからでは売れ残りしか見つからないという話もしばしば。冷風をシャットアウトしつつ、優雅な毛並みで大人の貫録を品良くアピールできるスエードブルゾンは、季節の変わり目アウターとして、実は有力なアイテムなのです。

今ならリリース直後ゆえ、サイズもカラーも自由に選び放題。そこで今回は、なかでも着回しが利き、エレガンスも漂う、実力派ブランドのニューモデルをご紹介します。

◆ ヘルノ  ボンディングによる張り感が実にスマート

プレミアムなダウンウェアや多機能コートで知られるイタリアのヘルノ。しかし、実はスエードアウターも凝った仕立てで人気を博しているのです。

薄く削いだ厳選のゴートスエードにコットンライニングをボンディングしたこちらは、しなやかながら独特の張り感と強度を備えているのが特徴。ブラックモデルを選ぶことで、シャープなシルエットと相まって、寛ぎと凛々しさを同時に主張できるのです。

◆ チンクワンタ  トラッドな味わいのサファリ型

トラッドな雰囲気を重視するなら、前ボタン式のサファリ風がベストです。レザーファクトリーとしてイタリアを代表する名門の一着は、スエード自体の品質の高さに加え、念入り仕立てが最大のポイントです。

テイラードジャケットのようにフィットするパターンに加え、バック部分には可動域を考慮したプリーツ入り。しかも味わい深いリネンライニングと、すべてにおいて隙のない作りが貫かれています。

1/2ページ

最終更新:2/11(火) 7:01
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事