ここから本文です

MP凌ぎ逆転勝ち、サッカリがロシアで2回戦に進出<女子テニス>

2/11(火) 13:30配信

tennis365.net

サンクトペテルブルグ・レディース・トロフィー

女子テニスのサンクトペテルブルグ・レディース・トロフィー(ロシア/サンクトペテルブルク、室内ハード、WTAプレミア)は10日、シングルス1回戦が行われ、第6シードのM・サッカリ(ギリシャ)が世界ランク89位のV・ディアチェンコ(ロシア)を3-6, 6-4, 7-6 (7-3)の逆転で破り、初戦突破を果たした。

【サッカリ 昨年覇者破り4強へ】

この試合、サッカリは8本のサービスエースを記録。ファイナルセットではゲームカウント2-5とし、ディアチェンコにマッチポイントを握られたもののこれを凌ぐ。そこから4ゲームを連取するとタイブレークも制し、2時間38分の末に勝利した。

女子テニスのWTA公式サイトにはサッカリのコメントが掲載された。

「屋内での戦いは私よりも彼女(ディアチェンコ)に合っていた。試合が終わった今でもフィーリングが合っていたとは思えない。彼女はトリッキーな試合をし、激しく打ってくる選手だった。ここでの初勝利はとても幸せなこと。サーフェスに慣れていきたい」

24歳で世界ランク21位のサッカリは2回戦で同40位のJ・オスタペンコ(ラトビア)と同61位のA・コルネ(フランス)のどちらかと対戦する。

同日には第8シードのE・リバキナ(カザフスタン)、世界ランク101位のA・ポタポヴァ(ロシア)が2回戦へ駒を進めた。

最終更新:2/11(火) 13:30
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ