ここから本文です

大谷世代のスラッガー・高橋大樹(広島)が一軍キャンプにつなげる2ラン!

2/11(火) 12:20配信

高校野球ドットコム

 カープ期待の和製大砲・高橋 大樹(龍谷大平安出身)は10日、紅白戦で8番でスタメン出場し、本塁打を放った。11日でキャンプを打ち上げ、13日から始まる一軍の沖縄キャンプのメンバーに抜擢されている。

【写真】高橋大樹が見せる豪快なフォロースロー

 プロ入りしてから7年で、通算1本塁打、17安打。昨年は自己最多の27試合に出場したとはいえ、崖っぷちの立場は変わりない。高橋大の魅力といえば、なんといっても高校通算43本塁打の長打力である。

 その魅力を出すためにコーチからトップの浅さを指摘された。
 「コーチと話をして、飛距離を出すためにトップを深く取ることを意識し、12月~1月にかけて練習してきました」

 まだその打撃は完成形ではない。シート打撃では鋭い打球を飛ばすも、ミスショットもあった。
 「ここ数日は力みまくりで、体の開きも早くなっていました」

 その修正をしたのが、10日の紅白戦だった。薮田和樹から2ランを放ち、さらに一岡竜司からも犠飛を放ち、1打数1安打3打点と猛アピールを見せた。それでもまだ今の内容には満足していない。
 「以前と比べて力が抜けてまだ押し込みが足りていないです。打球方向もレフトで、左中間からセンターへ打てるようにしたいと思っています」

 まだこれからも厳しい一軍争いは続く。
 「開幕一軍。そして1年間一軍にいたことがないので、数字的な目標はまだ立てられません。なんとかくらいついて生き残っていきたい。年齢的にダメだったら、クビという覚悟はできているので」

 2012年には大谷 翔平とともに高校日本代表。なかには現役引退をしている選手も多くいる。野球人生をかけたプロ8年目。生き残りへ。高橋大樹は自慢の強打を見せ続けていく。

聞き手:久保聖也、構成:河嶋宗一

最終更新:2/11(火) 12:20
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事