ここから本文です

「天国から地獄に落とされるような感覚」…流産や死産を繰り返してしまう「不育症」の悲しみ

2/11(火) 10:03配信

AbemaTIMES

 年間90万もの新しい命が誕生している日本。しかし不妊に悩む夫婦は5.5組に1組といわれ、約50万人が治療を受けている。そして、不妊症とは異なる理由で子どもに恵まれない人たちがいる。妊娠は成立しても流産や死産、あるいは新生児死亡を繰り返し、生児を得ることができない「不育症」の患者だ。

【映像】不育症の当事者に聞く「子どもという奇跡」

 国立成育医療研究センターの不育診療科の三井真理部長は「母体が原因の場合、妊娠時に血液が固まりやすくなったり、甲状腺や妊娠を維持していくために必要な機能のバランスが崩れていたり、子宮の形が通常と違っていたり、といいったことがある。また、夫婦どちらかの染色体に流産を起こしやすいことが要因の場合もある」と話すが、はっきりとした原因が分からないケースが6割以上を占めるのが現状だという。「原因不明(偶発的な流産を繰り返したと思われる方)の場合、治療を行わなくても、次の妊娠が成功する可能性は高い。原因が明らかになった場合、適切な治療を行えば、最終的には80%以上の方が出産できるとされている」。

 一般的には2回以上の流産や死産の既往歴がある人が該当、年に数万人がその可能性があるといわれている。また、自治体によっては検査・治療の助成金制度があり、東京都の場合、今年1月からは保健医療機関での検査費用について助成(上限5万円)を開始した。

 それでも不育症の認知度は決して高いとは言えない。不育症患者をサポートするNPO法人「Fine」の松本亜樹子理事長は「聞いただけでは字も思い浮かばないくらいの認知度の低さだと思う。やはり何度も流産や死産を繰り返すということは、本人にとってあまりにも辛い体験なので、他人に話す機会がないことも背景にある。まだまだ研究段階という話を聞くくらいなので、専門的に扱う病院も少なく、患者さん自身、どこに行けばいいのかと悩んでいる」と話す。

■「先生に“私の赤ちゃん返して下さい”って言ってしまった」

 「初めて妊娠したのが、結婚してから1年経った頃。“ああ、私お母さんになるんだな”って幸せに過ごしていました」。

 AbemaTV『AbemaPrime』の取材に応じてくれたASCAさん(30)は、3回の自然妊娠すべてが流産だった。「不育症」という言葉は、2回目の妊娠で初めて知ったのだという。「“また流産するのではないか”と不安になり、“流産、繰り返す”と検索してみた。そこで“不育症”という言葉が出てきた。産婦人科の先生なども教えてはくれなかった」。

 妊娠6週目で再び流産してしまったASCAさん。夫婦で染色体の検査を受けた結果、ASCAさんに自己免疫異常に該当する不育症因子が見つかったが、服薬による流産対策が可能とも診断された。そこで妊活を再開し、3度目の妊娠に至った。「心臓がすごく元気に動いているのが確認できて、“生きている。今度の子は大丈夫だ”って、涙がボロボロ出てしまった。でも妊娠10週目くらいになって、いきなり“心臓が止まっています”と言われた。病室で泣き叫び、先生に“私の赤ちゃん返して下さい”って言ってしまった」。

1/3ページ

最終更新:2/11(火) 10:03
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ