ここから本文です

野村克也さん死去、自宅の浴槽でぐったり 家政婦が119番通報

2/11(火) 11:04配信

AbemaTIMES

 元プロ野球選手の野村克也さんが死亡したことがわかった。84歳だった。

 警視庁などによると、きのう未明、東京・世田谷区の野村克也さんの自宅から119番通報があった。家政婦が浴槽の中でぐったりしている野村さんを見つけたということだ。野村さんは病院に搬送され、その後、死亡が確認された。84歳だった。

【詳報】自宅の浴槽でぐったりしていた

 野村さんは1954年にテスト生として南海ホークスに入団し、3年目からレギュラーに定着すると、現役27年間にわたり球界を代表する捕手として活躍した。

 歴代2位の通算657本塁打、戦後初の三冠王などその強打で数々の記録を打ち立て、不動の正捕手として南海の黄金時代を支えた。(AbemaTV/『AbemaNEWS』)

最終更新:2/11(火) 12:17
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事