ここから本文です

ワークマン、業績絶好調の背景とそのワケとは

2/11(火) 19:00配信

LIMO

ネットやマスコミでの露出が増え、「ワークマン女子」といったワードができあがるほどのブームを巻き起こしているワークマン。店舗への客足が急増することで業績も上々だ。今回はそんなワークマンの強みを解説するほか、投資家目線で見た懸念についても紹介する。

1月度既存店"21%"増

ワークマンは2月3日、1月度の月次業績速報を発表した。全店売上高は27.5%増、既存店売上高は21.1%増。小売業では多くの企業が月次業績を発表しているが、既存店で「21.1%増」という数字はなかなかお目にかかれない高水準だ。

振り返ってみると今期の月次はいずれの月も好調で、既存店で一番高い月は8月度の54.7%増。一番低い月の9月度でも16.1%増であり、今回発表された1月度までを含めた累計では26.3%増となっている。

売れ行きが好調な理由は後述するとして、こういった販売動向を背景にワークマンの業績も急拡大している。2018年3月期までは年間の売上高成長率1桁%台が長らく続いていたものの、2019年3月期には一気に19.4%まで急上昇。

2月4日に2020年3月期Q3累計決算を発表しており、2020年3月期の売上高は会社予想で905億円の見込みとなっている。それに伴って営業利益も近年強いペースで伸びており、また、営業利益率も上昇傾向にあることで収益性も改善している。

オシャレ・高機能・低価格が若者にヒット 原価率は驚異の"60%超え"

こういった業績拡大には、ワークマン商品のウリの強さと知名度の拡大が背景にある。ワークマンは1980年、株式会社いせやの一部門として「職人の店ワークマン」1号店をオープンしてから事業が始まる。

以降はそのコンセプト通り「働く男のための店」として、工場や建設現場向けの作業服や安全靴、手袋などを製造、販売してきた。その後、防寒服やレインウエア、アウトドアやスポーツ用のカジュアル衣料なども手掛けるようになり、事業を拡大。そして昨今、「デザインが可愛い」「機能性が高い」「値段がお手頃」ということで若年層から注目を浴びるようになる。

ワークマン側もテレビや雑誌といったマスコミへの露出増加や、ファッションショーの開催、著名なYoutuberやインスタグラマーなどとのコラボ企画を通じて若年層に向けて積極的にプロモーションしており、巷では「ワークマン女子」といったワードができあがるほどのブームとなっている。

加えてワークマンは長年にわたって仕事用の衣料を製造してきたため、高機能という領域においても強みを持っており、「暑くない、寒くない、蒸れない、雨を通さない」といった点も高い評価を受けている。

そして驚きなのは、「値段がお手頃」との評価を得て然るべき原価率の高さだ。ワークマンの2019年3月期の原価率は62.4%。安さをウリにする「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングの51.1%を大きく上回っており、しまむらの68.2%には及ばずといった水準だ。

筆者は財務諸表を通じてこの事実を発見したが、ワークマン女子などはオシャレ・コスパに関する優れた嗅覚のもと、商品と値札を見比べながらその「お得感」を見出しているのだろう。

ワークマンの原価率は実のところ、2016年3月期の67.3%から年々低下しており、消費者から見た「割の良さ」は薄れてきているものの、依然ファストリを超える原価率を維持している以上、「値段がお手頃」という評価はそう簡単に崩れないだろう。

加えて、原価率の低下は前述したように営業利益率の上昇につながっており、投資家としても喜ばしい状況となっている。

このようにオシャレ・高機能・低価格が、ワークマンにとって未開拓市場だった若年層に刺さることで、近年売上高が急速に成長している。既存店売上高の好調に寄与しているのは前年比10~30%の増加を見せる客数だ。

「来店客の男女比」や「来店客の年齢層」といったデータは開示されていないが、昨今のブームから察するにワークマン店舗には若年層や女性の新規来店客が増えているのだろう。

1/3ページ

最終更新:2/11(火) 19:00
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事