ここから本文です

多部未華子主演『私の家政夫ナギサさん』、4月スタート 共演に大森南朋&瀬戸康史

2/11(火) 8:00配信

クランクイン!

 女優の多部未華子が、4月スタートのドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系/毎週火曜22時)で主演を務めることが発表された。多部は、おじさん家政夫を雇うことになる28歳の独身キャリアウーマンを演じる。

【写真】火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』フォトギャラリー


 本作は、電子書籍サイト「コミックシーモア」で連載中の、四ツ原フリコによるオリジナルコミック『家政夫のナギサさん』の実写ドラマ化。WEBコミックがTBS連続ドラマの原作となるのは初となる。脚本は『おっさんずラブ』の徳尾浩司。

 物語の主人公・相原メイは、製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマン。仕事は誰よりもできるのに、家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子だ。そんなメイの28歳の誕生日の夜、家に帰ると見たことのないエプロン姿のおじさん・鴫野ナギサが突然現れる。おじさんの正体は、料理・洗濯・掃除といった家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫だった。見ず知らずの男性、ましてやおじさんが家にいるなんて絶対イヤ!と最初は拒むメイだったが、共に時間を過ごす中で、いつしかナギサさんの存在に安らぎや温かみを感じていく―。

 主人公の相原メイを演じるのは、ドラマや映画、CMなど、出演作が途切れることなく活躍を続ける多部。今作では、28歳となったキャリアウーマンの主人公・メイが、仕事だけでなく恋も婚活も頑張りいっぱいいっぱいになる姿を表情豊かに明るくポップに演じる。そして、メイの生活に安らぎと潤いを与える家政夫・鴫野ナギサ役には、俳優の大森南朋が渋くてハードボイルドなイメージからは想像できない、エプロン姿で家事をするおじさん家政夫というギャップのある役どころを演じ、メイの仕事のライバルとなる田所優太役には、俳優の瀬戸康史が爽やかで一見非の打ち所がない役どころを、かっこよく、かつ魅力的に演じる。

 多部は「明るいテイストの中にもほっこりしたり、じーんとしたりと、心がほかほかするドラマになるといいなと思っています。ぜひ、ご期待ください」とコメントを寄せた。

 火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』はTBS系にて4月より毎週火曜22時放送。

最終更新:2/11(火) 8:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事