ここから本文です

栃木、新潟のDF柳育祟を期限付き移籍で獲得! 「認めてもらえるように全力で」

2/11(火) 11:24配信

超WORLDサッカー!

栃木SCは11日、アルビレックス新潟に所属するDF柳育祟(25)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2021年1月31日まで。なお、同期間中は新潟と対戦するすべての公式戦に出場することができない。

【まとめ】J1、J2、J3リーグ最新移籍情報を網羅!

専修大学出身の柳は、アルビレックス新潟シンガポールを経て、2018年に新潟へ加入。2019シーズンは明治安田生命J2リーグで1試合、天皇杯に1試合と出場機会が限られていた。

栃木へのレンタルが決まった柳は、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆栃木SC
「栃木SCの皆さん、初めまして!アルビレックス新潟から参りました柳育崇です」

「開幕直前の加入となり、まずは早く皆さんに僕のこと知ってもらえることを目標に、そして一日も早く皆さんに認めてもらえるように全力でプレーします!共に勝利を目指して全力で戦いましょう!これからよろしくお願いします!!」

◆アルビレックス新潟
「このたび、栃木SCに期限付き移籍することになりました。シーズン開幕直前にチームを離れることになってしまい、応援してくださっていたファン・サポーターの方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです」

「2年間を新潟で過ごし、人の温かさにふれ、いつしか心から新潟を好きになりました。だからこそ、今年もアルビレックス新潟のJ1昇格のために戦いたかったです。しかし、一人のプレーヤーとして結果を残せていない中で、もっと成長したい、力をつけて応援される選手になりたいという想いが日に日に強くなり、環境を変える決断に至りました」

「この悔しさを忘れず、またいつか新潟で皆さんと共に戦えることを目標に精進します。いつもたくさんの応援をありがとうございました!」

超WORLDサッカー!

最終更新:2/11(火) 11:24
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事