ここから本文です

イタリアかペルーか…今季セリエAで好調のレッチェFWに迫られる選択

2/11(火) 13:40配信

超WORLDサッカー!

レッチェで活躍するFWジャンルカ・ラパドゥーラ(30)に、ペルー代表が再び接近しているようだ。

ラパドゥーラは、イタリアとペルーの二重国籍。母親がペルー出身であり、どちらの代表チームでもプレーする権利がある。

世代別の代表チームでもプレーしていないラパドゥーラには、2016年にもペルーサッカー連盟(PFF)が招集に動いたとのこと。しかし、その際にはイタリア代表からの招集を待つとして、断られていた。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ペルー代表監督とPFFは、再びラパドゥーラに声をかけたとのこと。コパ・アメリカにも招集するつもりがあるようで、その前に招集できないかを画策しているようだ。

ラパドゥーラはジェノアからレッチェにレンタル移籍中。今シーズンのセリエAで16試合で7ゴール、コッパ・イタリアでも2試合で2ゴールを記録している。イタリア代表招集を再び待つか、それとも母の母国であるペルーを選択するのか。注目だ。

超WORLDサッカー!

最終更新:2/11(火) 13:40
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ