ここから本文です

218億円から109億円へ…コウチーニョ、“プランB”でリバプール復帰の可能性

2/11(火) 12:45配信

ゲキサカ

 バイエルンのブラジル代表MFコウチーニョが、かつて在籍したリバプールに復帰する可能性が浮上している。英『エクスプレス』が伝えた。

 18年1月にリバプールからバルセロナに加入したコウチーニョ。移籍金は1億6000万ユーロ(当時約218億円)で、パリSGに移籍したFWネイマールの後釜として期待された。しかし、思ったような活躍を披露できずに19年8月にバイエルンへの期限付き移籍が発表された。

 バルセロナはコウチーニョを呼び戻さず、7700万ポンド(約109億円)での売却を考えており、買い取りオプションを持つバイエルンも完全移籍での獲得を選択することはないようだ。

 マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーにトッテナムとプレミアの強豪クラブが関心を示す中、古巣リバプール復帰の可能性も報じられている。リバプールはレバークーゼンのMFカイ・ハベルツ獲得を第一優先としているが、20歳の若武者にはバイエルンなども興味を示しており、争奪戦に敗れた際にコウチーニョ獲得に動き出す可能性があると報じられている。

最終更新:2/11(火) 15:39
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ