ここから本文です

VW T6 後継モデル、最終デザインが露出…プラグインハイブリッド投入か

2/12(水) 8:00配信

レスポンス

VWの新型マルチバン『T7』市販型プロトタイプを、これまでで最もカモフラージュが軽い状態でカメラが捉えた。「T7」は、『T6』(トランスポーター6)の後継モデルとなる。約1年前には、最新型「T6.1」を披露しているが、新型では大きな進化をみせ、高級化も予想されている。

【写真】VW T7 プロトタイプ[スクープ20枚]

捉えたプロトタイプは、まだ隠されている部分も多いが、サイドウィンドウ全面が露出、そのアウトラインやAピラーの後部へ伸びる大きな三角窓などが見てとれるほか、フロントウィンドウが現行モデルより強い傾斜を持っている様子も伺える。

さらに水平基調のグリルや、新設計されたコンパクトなテールライトも装備。フロント下部グリルのレーダーは、ラッピングの下により複雑なシステムが隠されていることを示している。

新型では、「MQB」プラットフォームを採用、T6より2.36インチ(6センチ)ローダウンされ、乗降が改善されるという。またプラグインハイブリッドの搭載も可能になり、直列4気筒ガソリンエンジンと小型の電気モーターを組み合わせた『ゴルフGTE』のPHEV技術が投入される可能性が高い。

キャビン内には、ダッシュボードの中央にインフォテイメントシステム、その横にはデジタルインストルメントクラスタを配置、ゴルフ新型と似たレイアウトが予想されている。

T7のワールドプレミアは判明していないが、 T6.1が1年前に登場していることを考慮すれば、2021年以前には発売しない可能性もありそうだ。



《レスポンス Spyder7編集部》

最終更新:2/12(水) 8:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事