ここから本文です

マック・デマルコの来日ツアーに細野晴臣を迎えたダブル・ヘッドラインの追加公演が決定

2/12(水) 17:20配信

CDジャーナル

 カナダの“インディ・ロック・ヒーロー”、マック・デマルコ(Mac DeMarco)が、4月15日(水)北海道・札幌 cube garden公演を皮切りに、東京・名古屋・大阪・広島・福岡の全国6都市をまわるツアー〈HERE COMES THE COWBOY~マック・デマルコと仲間達、春の全国6都市スタジアムツアー〉を開催。また、細野晴臣を迎えたダブル・ヘッドラインによる追加公演が、4月18日(土)東京・渋谷 SHIBUYA TSUTAYA O-EASTにて開催されることが発表されています。

 今回の来日ツアーは、デマルコが立ち上げた新レーベル「Mac's Record Label」から2019年にリリースされた最新アルバム『Here Comes The Cowboy』を携えたもので、肩の力が抜けた極上のサウンドが満載の本作の楽曲を中心に披露されます。

 デマルコは、かねてより細野作品からの強い影響を公言しており、2017年には細野の名曲「Honey Moon」を日本語でカヴァーしたスプリット・7インチ「Honey Moon」をリリース。2019年6月には、米ロサンゼルスで行なわれた細野のUSツアーの最終日にデマルコがサプライズ・ゲストとして登場し、ファンを驚かせていましたが、今回の追加公演で待望の日本での共演が実現します。

 追加公演のチケット発売は、SMASHの主催者先行が2月12日(水)17:00から2月17日(月)23:59まで、抽選制で受付。一般発売は2月29日(土)からとなります。

最終更新:2/12(水) 17:20
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ