ここから本文です

アストンマーチンのスーパーGT GT500クラス参戦は実現する? Rモータースポーツ「とても魅力的」

2/12(水) 11:57配信

motorsport.com 日本版

 アストンマーチンのライセンスを得て、2019年シーズンのDTMでヴァンテージを走らせたRモータースポーツ。しかしHWAのエンジンを失うなどしたため、わずか1シーズンでDTMから撤退することになってしまった。

【ギャラリー】メルセデスを倒すのは“俺たち”だ! フェラーリ『SF1000』

 そのRモータースポーツは、将来スーパーGTに参戦することに、興味を持っているようだ。スーパーGTのGT500クラス用マシンは、2020年からDTMと共通のクラス1規定に準拠。そのためRモータースポーツがDTMマシンを作り上げる上で得た知識は、スーパーGT参入にも役立つ可能性がある。

 Rモータースポーツの代表であるフロリアン・カメルガーは、DTMから撤退したことはヴァンテージのクラス1プログラムの終了を意味するのではなく、将来スーパーGTに参戦する可能性を排除しないと語った。

「私はいつもそう言っている。そして(アストンマーチンのCEOである)アンディ・パーマーでさえ、日本は我々にとって、重要な市場だと記者会見で語ってきた」

 カメルガーはそうmotorsport.comに対して語った。

「スーパーGTのGT500クラスは、とても魅力的で、興味深いと思う。とは言っても、今の答えは”終わっていない”というだけだ。短期的に言えば、スーパーGTに参戦する計画はない。それでもこのシリーズは我々にとって非常に魅力的であり、未解決の問題だ」

 2019年にDTMを走ったRモータースポーツの4台のヴァンテージは、シーズン終了後は以前のパートナーであるHWAが所有している。このマシンは香港の個人バイヤーに売却されるという噂もあったが、香港の情勢不安のために実現しなかった。

 ヴァンテージDTMがすでに売却されたのか、それについて尋ねられたカメルガーは、次のように語った。

「DTMのマシンに属している。ヴァイナミック(プロジェクトを監督するために設立された合弁会社)のパートナーと、2019年の夏の終わりに合意されたのだ。それは、プログラムを実施するための長期計画だった」

「マシンがどこにいるのか、そして誰に売却されたのか、コメントすることはできない。HWAに訊く必要がある」

 なおアストンマーチンは2009年、スーパーGTのGT500クラスにDBR9で参戦。現在ではGT300クラスでヴァンテージGT3が走っており、2020年シーズンはPACIFIC - D’station Racingがこれを走らせることになる。

Rachit Thukral, Andrew van Leeuwen

最終更新:2/12(水) 11:57
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ