ここから本文です

陶磁器産地の未来担う3Dプリンター 多治見市陶磁器意匠研と東濃の陶磁器メーカー 新商品開発に活用 精密で複雑なデザイン実現

2/12(水) 6:05配信

中部経済新聞

 各種製品の大量生産に不可欠な金型。かつてその原型は、木や金属を加工して製作していたため、時間やコストがかかっていた。現在は3Dプリンターによる製作に切り替えた企業も多い。陶磁器業界でも型を作る石こう型業者の減少で、その導入が急がれている。3Dプリンターの活用を進める多治見市陶磁器意匠研究所(多治見市美坂町)と、自社で導入している陶磁器メーカーの取り組みを追った。

最終更新:2/12(水) 6:05
中部経済新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事