ここから本文です

シニアビューティー 奇跡の一枚 笑顔で昭和村元気に

2/12(水) 10:14配信

福島民報

 高齢者の心の健康づくりを目的とする昭和村の事業「シニアビューティー 奇跡の一枚」を体験した女性七人が十日、舟木幸一村長と共に県庁を訪れ、内堀雅雄知事と懇談した。

 事業はお年寄りに笑顔で元気に暮らすきっかけとしてもらおうとヘアメークやドレスアップを施し、プロカメラマンによる写真撮影に臨む取り組み。参加者は自身の写真を持参し、内堀知事に感想などを伝えた。農家民泊を営む皆川キヌイさん(75)は「疲れた時に写真を見るとパワーをもらえる。お客さんにも注目してもらっている」と笑顔で語った。

 昭和村は高齢化率が55・6%と県内の市町村で二番目に高い。「奇跡の一枚」は高齢者の健康長寿に向けた施策の一環として、二〇一七(平成二十九)年度と二〇一九年度に実施し、計二十七人が参加した。

 舟木村長は面会の冒頭で、「昭和村の元気を届けたい」とあいさつ。内堀知事は「皆さんの笑顔が村の元気につながる」と発想をたたえ継続を期待した。

最終更新:2/12(水) 10:14
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ