ここから本文です

『PUBG』に8対8の「チームデスマッチ」が登場!気軽なプレイを楽しめる「Arcade」モード実装第1弾

2/12(水) 21:25配信

Game Spark

PUBG Corporationは、バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』に新モード「Arcade」が実装されることを発表しました。新モード最初のコンテンツとして実装される「チームデスマッチ」の詳細が明らかになっています。

関連画像を見る

本モードは、通常の100人バトルロイヤルではなく、8人vs8人で行われるポイント先取制のチームデスマッチ。武器セットを選択する、蘇生なしのリスポーン制など、通常のプレイとは大きく違うルールになっています。制作側はユーザーの意見を反映し「PUBG独自のメカニズムを使用して、気軽なガンプレイを楽しむモード」として開発したとのこと。

チームデスマッチ概要
モード: FPP人数: 8 vs 81ラウンド: 10分スポーンキットマップを開き、武器スポーンキットを選択することができます。リスポーンプレイヤーが倒された場合、5秒後にリスポーンされます。主に味方の近くにリスポーンされますが、リスポーン地点が危険な場合、安全な場所でリスポーンされます。リスポーン直後は少しの間、無敵状態となります。プレイヤーは気絶状態にはならず、即死亡状態となります。チームキルは無効となります。キル、アシストをするとブーストゲージを獲得。5秒間ダメージを受けない場合、ブーストゲージを消耗し大幅に回復します。チームデスマッチは途中参加が不可能となります。マッチを離脱するすべての場合が該当します。

勝利条件
50キルを先に達成or 1ラウンド(10分間)経過後、獲得キル数の多いチームが勝利します。2ラウンド先取したチームが該当マッチに勝利します。

報酬BP報酬は、個人戦績に従って支給されます。XP報酬は、支給されません。

マッチング開始後、自動でマッチに参加します。但し、終了間際のマッチには参加されません。
チームデスマッチ地域
チームデスマッチでは、計7ヶ所の地域が登場します。すべての地域は、現在皆さんがプレイしているマップから選定されました。

チームデスマッチの戦場は、各々固有の特徴を保有しています。EX) VikendiマップのPODVOSTOの場合、中央の橋を堺に遠距離戦闘が特徴です。また、SanhokマップのDOCKSの場合、コンテナを挟んでの近距離戦闘が特徴です。そして通常のパブリックマッチ同様に天候が適用されるため、天候に適した武器スポーンキットを選択し活用しましょう。

チームデスマッチ地域一覧
リスポーンシステムやスポーンキットの詳細は公式サイトに記載されています。また、今後の更新でチームデスマッチ用のマップも追加されていく予定です。


『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』のArcadeモードは、PCとコンソール向けに6.2アップデートで公開される予定です。

Game*Spark Mr.Katoh

最終更新:2/12(水) 22:48
Game Spark

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事