ここから本文です

NTTコム・オートバックスなど、濃霧の中でも安全走行できる運転補助システム確立へ 5Gを活用

2/12(水) 15:01配信

レスポンス

大分県とNTTコミュニケーションズ、オートバックスセブン、大分交通、NTTドコモ九州支社は、5Gを活用して濃霧の中でも安全に走行できる運転補助システムの実証実験を2月12日に大分県で実施した。

[関連写真]

県北東部国東半島の沿岸海にある大分空港と大分市方面を結ぶ主要な移動手段は高速バスとなっているが、中間点にある日出JCT(大分自動車道・東九州自動車道)で発生する濃霧が交通面・観光面で大きな課題となっている。5者は今回の実証実験により、濃霧の高速道路でも安全に走行できる運転補助システムを確立し、課題解決を目指す。

実験では、5Gの高速・大容量と低遅延の特徴を活かし、濃霧の中を走行中の車両に搭載したカメラ(サーマルカメラ/4Kカメラ)で撮影した画像を、5Gを用いてドコモオープンイノベーションクラウドへ送信。クラウドに実装したドコモの画像認識エンジンで前方を走行する車両、高速道路の白線・ガードレールを認識させ、その結果を車両のヘッドアップディスプレイに表示することで、視界不明瞭な濃霧の中でも車線や前方車両などを目視できるようにした。

なお、運転中の周囲の車両やガードレールなどを画像認識し、5Gでリアルタイムに車内のディスプレイに表示する実証実験は日本初。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:2/12(水) 15:01
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ