ここから本文です

【パンクラス】ソリホンが欠場で王座返上、3月に雑賀ヤン坊達也vs林源平の暫定王座決定戦

2/12(水) 17:37配信

イーファイト

 2020年2月16日(日)東京・スタジオコーストで開催される『PANCRASE 312』に出場予定だったライト級暫定キング・オブ・パンクラスのサドゥロエフ・ソリホン(ロシアパンクラチオン ハバロフスク/タジキスタン)の欠場が決定。本件に関する緊急記者会見が12日都内にて行われた。

【フォト】ソリホン欠場の経緯を説明する、ロシアパンクラチオン・ハバロフスク代表のコニコフ氏

 記者会見にはソリホンが所属するロシアパンクラチオン・ハバロフスク代表のデミトリ・コニコフ氏が出席。ソリホンの状態について説明を行った。

 ソリホンはトレーニング中、練習パートナーの後ろ回し蹴りが股関節付近に直撃。その打撃箇所が炎症を起こし腫れてしまい、2週間の安静、全治4週間という診断が下ったという。パンクラス陣営は2月5日に第一報を聞き、その時点で聞いたのは負傷の可能性まで。同週の8日に医師からの診断書の提出を受け、正式に欠場が決定したという。

 コニコフ氏は「パンクラスに参加できるのは名誉。何日か様子を見て出場の可能性を探ったが、残念ながらケガのため欠場となりました。もし主催者にお許しいただけるなら、今後もベルトを懸けた戦いにソリホンの出場をご検討下さい」と謝意を述べた。

 また「ソリホン本人も、パンクラスのベルトに挑戦したい気持ちは変わらない。今回欠場ということを非常に悔しがっています」と、ソリホンの気持ちを代弁した。

 この欠場を受け、2月大会の試合が中止となった同級3位の雑賀ヤン坊達也(総合格闘技道場DOBUITA)は、第一報を聞いた際の心境を「まじかー、としか思えなかった」と告白。当日は夜に眠ることもできなかったというが、「格闘技って相手あってのこと。僕もケガをすることがあります。ケガは仕方ないかなと、リフレッシュしています」と気持ちを切り替えたと語った。

 欠場に伴い、ロシアパンクラチオン・ハバロフスク陣営は、ソリホンが持つ暫定王座を返上。3月8日(日)に行われる『PANCRASE 313』において、ライト級暫定キング・オブ・パンクラス王座決定戦が行われることが決定した。

 ソリホン欠場の会見に続き、暫定王座決定戦発表会見が実施。出場権を持つ雑賀ヤン坊達也と暫定王座を争うのは、同級2位の林源平(和術慧舟會IggyHandsGym)に決定。両者は揃って会見に出席し、王座戦への意気込みを語った。

 林は打撃を得意とし、フィニッシュは全てKOというストライカー。ミドル級で戦っていた時期もあり、現在は適性階級のライト級が主戦場。直近では2連勝を飾り勢いがある。

 今回の決定戦出場の報に「自分はもともと運がいいと思っていますが、本当に運がいい人間なんだなと。(タイトルマッチまで)8年かかったので、このベルトは絶対取ります。絶対に渡しません」と、ベルトへの強い思いを語った。

 流れたかに見えたタイトルマッチへの出場に、再びチャンスをつかんだ雑賀は「どうしようかなと思っているときに、こういう話をいただけて、またタイトルマッチできるんだなと嬉しかったですね。目指している場所があるので、そこに向けて突き進みたい」と一度は失ったタイトルへの道筋を離さない構えを見せる。

 両者とも打撃が得意な選手同士。試合展開の予想を問われると雑賀は「やることはお互い一つ。お互いに倒しに行くスタイル。5分5Rもかからないで終わるんじゃないか」と打撃での早期決戦を予想。対する林は「もちろん殴り合いでも負けないんですけど、MMAであることを意識して試合をしたい」と幅広い展開に含み。その上で両者に理想の勝ち方を問うと、口を揃えてKOを宣言した。

 会見に立ち会った廣瀬隆司コミッショナーは両者を見て「いい男ですよね」と、ルックスだけでなく試合に向けた面構えを賞賛。試合の予想については「5分5Rは非常に長いですが、そこまでかからないと思う。どちらかが倒されて、気持ちいい試合になると思います」と、打撃戦決着になるという展望を見せた。

最終更新:2/12(水) 17:37
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ