ここから本文です

マウスコンピューターが「浦和レッズオフィシャルパソコン」を発売! 触れるのは「埼玉県だけ」な背景は?

2/12(水) 18:05配信

ITmedia PC USER

 既報の通り、マウスコンピューターは2月12日、Jリーグチーム「浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)」のオフィシャルノートPC「mouse X4-B-URDS」「mouse X5-B-URDS」を発売した。

【「R」「E」「D」「S」キーが赤く塗られたキーボード】

 この記事では、同日に行われた発表会の模様をお伝えする。

両社の結びつきは“埼玉県”にあり

 その名の通り、浦和レッズは埼玉県浦和市(現在のさいたま市)で生まれたJリーグチームだ。一方で、マウスコンピューターは埼玉県春日部市で創業したPCメーカーである(※)。共通点は埼玉県で生まれた会社ということだ。

 「地域に根ざしたJリーグチームを、地域の人と一緒に盛り上げたい」(マウスコンピューター小松永門社長)という思いもあり、マウスコンピューターは浦和レッズの2019年5月から「オフィシャルPCサプライヤー」となった。その過程で、「普通に売っているものを出すよりも、オフィシャルPCを一緒に作ろう」という話になり、「浦和レッズオフィシャルパソコン」を開発することになったという。

(※)厳密には現在のマウスコンピューターの親会社であるMCJ(旧マウスコンピューター)

クラブの“即戦力”として100台納入済み

 オフィシャルPCの天板には、浦和レッズのタイプデザインがあしらわれている。マウスコンピューターのスタッフが「4~5種類の中から検討した」(小松社長)結果、シンプルなタイプデザインに落ち着いたようだ。

 デザイン面での工夫は天板だけにとどまらない。キーボードの「R」「E」「D」「S」キーが赤く塗られている。「見方次第では(レッズを象徴する)ダイヤモンドにも見える」キーボードの塗色は、あくまでも“たまたま”だという。

 浦和レッズの立花洋一社長によると、クラブ(チームの運営など)全体でこのオフィシャルPCを合計で100台程度導入済みで「データの分析はもちろん、クラブの業務効率化にも力を発揮すると確信している」という。

 今回販路を絞りながらも一般販売することになったのは「(クラブの)スタッフに使ってもらって好評」だったことも背景にあるようだ。

1/2ページ

最終更新:2/12(水) 18:49
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ