ここから本文です

キボシイワハイラックスの赤ちゃん誕生、国内初

2/12(水) 17:14配信

産経新聞

 埼玉県こども動物自然公園(東松山市岩殿)で、日本で初めてキボシイワハイラックスの赤ちゃん2頭が誕生した。

 キボシイワハイラックスはアフリカ東部・西南部のサバンナや森林などに生息する。体長32~56センチ、体重1・3~3・6キロで、かわいらしい眉毛が特徴だ。昨年9月にオープンした小動物舎「エコハウチュー」で公開しており、国内では同園だけで飼育、展示されている。

 また、同園は、昨年春に生まれた3頭のコアラの赤ちゃんの名前を決定した。入園者に名前を募った結果、雄は「ビー」、2頭の雌は「コハル」と「ふく」に決めた。

最終更新:2/12(水) 17:14
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事