ここから本文です

年収1000万円の夫でも半数がお小遣い制?結婚後、想像以上にお金が厳しいと感じる人も

2/12(水) 8:20配信

ファイナンシャルフィールド

結婚相手には経済力が条件という女性は多いですよね。専業主婦を希望する女性はもちろんですが、働く女性にもバリバリ稼ぐ男性はカッコよく、魅力的に映ります。

婚活応援サイト『婚活KOKO』を運営する株式会社パッション(本社:東京都中央区)は、年収1000万円以上の既婚男性を対象に、『高収入男性・夫婦のお財布事情に関する調査』を実施しました。

年収の高い男性は、亭主関白なのでしょうか。稼ぎがいいから金遣いが荒いのでしょうか。それでは、早速結果を見てみましょう。

財布の管理は夫が管理、妻が管理、およそ半々。半数がお小遣い制

最初に、「妻のどこが好きですか?」と質問したところ、「性格」(42.2%)と回答した人が最も多く、次いで「価値観」(29.0%)、「ルックス」(19.3%)が続きました。外見(ルックス)という回答も2割はありますが、やはり性格や価値観が合うことが重要なんですね。

次に、「夫婦のどちらが財布を握っていますか?」と質問したところ、「自分」(43.0%)と「妻」(40.0%)が同じくらいでした。夫が財布を握っている家庭が若干多いものの、妻が管理している家庭と半々くらいという結果となりました。

また、「お小遣い制」の人は48.3%と、ほぼ半数でした。高収入だからといってお金を自由に使えているというわけではないようで、お小遣い制で堅実な生活をしていることが伺えます。

結婚前にお金に関する話し合いをしたのは半数以上

次に「結婚前にお金に関することは話し合いましたか?」と質問したところ、「ある程度話し合った」(36.5%)が最も多く、「あまり話し合わなかった」(29.9%)、「しっかり話し合った」(17.8%)、「全く話し合わなかった」(15.8%)と続きました。話し合った人は54.3%で、半数以上は結婚前にお金の話をしていることが分かりました。

話し合ったことについて具体的に聞くと、「貯金額を具体的に決めた。昇給したとしても、給料の何割は貯金する、など(30代/三重県)」「生涯収入と人生設計について(40代/埼玉県)」「自分に収入がないことで卑屈になる必要は全くないこと(50代/東京都)」というような回答が得られました。

収入の高い人ほど、お金に関してしっかり考えているように見えます。3人目の人は自分に全部任せろということでしょうか。男らしいですね。

1/2ページ

最終更新:2/12(水) 11:09
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事