ここから本文です

新型コロナで「戦々恐々とする中」玉城デニー知事が踊った、は誤り

2/12(水) 19:52配信

BuzzFeed Japan

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、沖縄県の玉城デニー知事の対応をめぐり、Twitterで、知事が南城市の瑞慶覧長敏市長とカチャーシーを舞う動画を添付して批判した、次の投稿が拡散した。“沖縄県民は1日に入港し下船したクルーズ船の乗客からコロナウイルスが感染していないか、発症するのではないかと戦々恐々としている中でデニー知事と瑞慶覧南城市長の華麗なるコラボが披露されました。危機管理にあまり指導力を発揮しない知事ですが、このような事をさせると水を得た魚のようです。“しかし、この情報は誤りだ。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

玉城知事が瑞慶覧市長とカチャーシーを踊ったのは事実だが、それは1月25日のことで、クルーズ船が那覇に停泊した2月1日よりも前だ。BuzzFeed Newsは、ファクトチェックを実施した。

まず、投稿にある「1日に入港し下船したクルーズ船」とは、船内で続々と新型コロナウイルスによる感染者が出ている「ダイヤモンド・プリンセス」と見られる。

同船は1月20日、横浜を出発。22日に鹿児島に寄港すると、25日に香港に。その後、ベトナムや台湾を経て、那覇港に着いたのは2月1日午後1時半頃だった。

この時、約2600人の乗客が、那覇検疫所が検疫を受けると、一時下船して市街地へ観光に出かけた。

感染者を把握したのは、那覇を“離れた後“

船の乗客のうち、初めての感染者が発覚したのもこの日だった。この感染者は、香港在住男性で、1月25日に香港ですでに下船していた。

厚生労働省検疫所業務管理室によれば、男性の感染が分かったのは2月1日で、香港政府から日本政府に通達があったのは翌2日。船は那覇を離れており、横浜に向けて航行中だったという。

その後、船は3日に横浜に着いた。

香港の男性の感染発覚を受け、厚労省は那覇で実施した検疫を取り消し、その日から乗客乗員を船内に留めて再検疫を実施。すると、5日に10人が感染していたと発表された。

その後も、続々と感染者が出て、対応した検疫官の感染も確認される事態となっている。

1/2ページ

最終更新:2/12(水) 19:52
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事