ここから本文です

今年初 マダニ媒介ウイルス感染

2/12(水) 20:17配信

KKB鹿児島放送

KKB鹿児島放送

 薩摩川内市でマダニが媒介するウイルスへの感染が確認されました。今年1例目となり、県は注意を呼び掛けています。

 県によりますと、薩摩川内市に住む80代の女性は今月6日、発熱や倦怠感、下痢などの症状があり医療機関を受診し、そのまま入院しました。現在も入院中の女性にはダニに咬まれたような痕は無く、ダニとの接触も不明ですが、10日に県環境保健センターの検査でマダニにかまれて発症するウイルス性の感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の陽性反応が出ました。

 去年はこのウイルスで亡くなった人はいませんが、8例報告されています。県はマダニが多く生息する山や草むらに入る際には、長そでや長ズボンなどを着用して肌の露出を少なくするよう注意を呼びかけています。

最終更新:2/12(水) 20:17
KKB鹿児島放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事