ここから本文です

積雪地帯は昇温で雪解け進む 屋根からの落雪やなだれに注意

2/12(水) 14:57配信

ウェザーニュース

 今シーズンは暖冬傾向が顕著でしたが、今月に入って上空に強い寒気が流れ込み、寒い日が続きました。
 北陸や北日本の日本海側ではまとまった雪が降り、札幌では2月3日以降、昨日11日(火)まで9日連続で雪が降り、総降雪量が102cmと1mを超えました。先月1か月の札幌の降雪量は85cmだったので、10日足らずで先月1か月分を超える雪が降ったことになります。

 一方、今日12日(水)は上空の寒気は後退し、ここ数日の低温傾向が解消されています。札幌では14時までに7.3℃まで上がりました。7℃を超えるのは昨年大晦日以来、およそ1か月半ぶりのことです。

路面状況の悪化に注意

 今日は各地で昨日より気温が高く、積雪が多くなっているエリアでも気温が上がっているため、積雪量が一気に減少しています。北海道後志地方の余市(よいち)や赤井川(あかいがわ)では昨日のピーク時から約一日で30cm以上積雪が減少しました。
 これまで積もった雪が溶けて足元が悪くなったり、道路の冠水、雪解け水が一気に川に流れ込むことによる洪水、屋根からの落雪やなだれなどが心配されます。

 できる対策は早めに行い、雪下ろしの作業は複数の人で行うなど、安全第一を心がけてください。

ウェザーニュース

最終更新:2/12(水) 14:57
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事