ここから本文です

車を借りる方法は3通りあるって本当?それぞれの違いとメリット・デメリット

2/12(水) 18:46配信

LIMO

実は、車を借りる方法は1種類だけではありません。複数の借り方があることを、ご存じでしょうか? それぞれ、特徴が異なります。そこで今回は、借り方を3通り紹介しつつ、概要・メリット・デメリットなどを解説します。

パターン1:レンタカー

レンタカーの場合、店舗へ行って車を借りるのが基本です。あらかじめ、レンタルする時間(期間)を決めてから契約します。レンタル期間は「12時間~1週間」がメインですが、店舗によっては、1カ月間レンタルできるプランを提供しています。

メリットは、事前予約をせずにレンタルできる店舗があることです。「事前に予約をしても、その店舗でレンタルするか分からない」、「人数が何人集まるか分からないから、当日借りる車種を決めたい」人も利用しやすいでしょう(もちろんレンタルできる車がなければ、当日申込での利用はできません)。

レンタカーの店舗が多い都市部へ行けば、当日申込で利用できる可能性が高いです。

デメリットは、店舗の営業時間内にレンタル・返却をしなければいけないことです。深夜や早朝に車をレンタルしたくても、店舗が開いていなくて利用できない場合もあるため、注意が必要です。ただし24時間営業の店舗であれば、営業時間を気にせず借りられます。

パターン2:カーシェアリング

カーシェアリングの場合、コインパーキングに停めてある、レンタル用の車を借りるのが基本です。事前に会員カードを作っておくことで利用できます。

メリットは3つあります。

 24時間利用できる

コインパーキングにレンタル用の車が停まっていれば、いつでも利用できます。よって、深夜や早朝の利用を考えている人にも、おすすめです。

 短時間の利用に対応している

30分といった、短時間でのレンタルもできます。近場に移動したり、大きな荷物を運んだりなど、ちょっとした用事の時も使いやすいでしょう。

 借りる時の流れがラク

店員とやり取りする必要がないため、借りるまでの流れがラクです。レンタカーとは違って、店舗で手続きする必要がありません。

デメリットは、借りる時に困ったことがあっても、周りに助けてくれる人がいないことです。カーシェアリングは無人の場所が多いです、近くに店員がいてもらわないと困る人にとっては、使いづらいかもしれません。

1/2ページ

最終更新:2/12(水) 18:46
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ