ここから本文です

中井貴一&佐々木蔵之介、広末涼子からのチョコを仲よくパクリ!3人で爆笑舞台挨拶

2/12(水) 21:34配信

Movie Walker

映画『嘘八百 京町ロワイヤル』(公開中)の大ヒット御礼舞台挨拶が2月12日にTOHOシネマズ 日比谷で開催され、中井貴一、佐々木蔵之介、広末涼子が登壇。マドンナを務めた広末が「あ~りが~とさ~ん!」と劇中に登場している坂田利夫のモノマネとともに、中井&佐々木にバレンタインチョコをプレゼント。中井と佐々木はうれしそうな笑顔を見せた。

【写真を見る】中井貴一&佐々木蔵之介、仲よくチョコをパクリ!

中井演じるさえない古美術商と、佐々木演じる腕利き陶芸家の“骨董コンビ”によるコメディ映画の続編。お宝眠る京都を舞台に、“骨董コンビ”が古田織部の幻の茶器“はたかけ”をめぐって新たな騙し合いを繰り広げる。監督の武正晴と脚本の足立紳、今井雅子が前作から続投し、ヒロインを広末が務めた。

公開後に「やっと私も映画を観た」と明かす中井、「まさかの続編」と語る佐々木の息ぴったりのやり取りに、会場は舞台挨拶冒頭から大爆笑。さらに広末が「うちの姪っ子は『パラサイト』を観た後にこれを観たら、『すごく救われた』と言っていた」とアカデミー賞受賞で話題の『パラサイト 半地下の家族』を引き合いに出すと、中井が「僕も実は『パラサイト』を観て、『嘘八百』を観た。おっしゃる通り、『パラサイト』『嘘八百』、『パラサイト』『嘘八百』という興行にしていくといいんじゃないか」と笑顔を見せていた。

ぼやきや自虐コメントで会場を盛り上げた3人だが、とりわけ笑いが上がったのが、広末が「友人や両親も観に行ってくれた。みんな『おもしろかった!』と言ってくれた。かといってそこまでの長い感想はないんです。深く掘り下げるほどのものでも…」とコメントしたひと幕。中井と佐々木が思わず吹きだすと、広末は「違うんです!」と慌てながら、「単純に楽しんでいただけることって、すごく大切なことじゃないですか!問題提起したり社会派ではないけれど、それがこの作品のいいところ」とコメディとしての魅力にあふれた映画だと力説していた。

中井は「語るほどのものではないと。俺らはそれを2本もやってきた!」と叫び、会場も大爆笑。「笑うということは免疫力が上がります。免疫力を上げるために、この映画を観ようではありませんか!」と胸を張り、佐々木は「僕も喜劇はすごく好き。やりがいがあるもので、お客さんが笑ってくれるとこちらも幸せになります」、広末も「笑顔はきっと人を強くしてくれる」と笑いの持つ力について熱弁。3人のトークに会場からは終始、笑顔がこぼれていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

最終更新:2/12(水) 21:34
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ