ここから本文です

トヨタ「ランクル」の消防車が存在!? 往年のトヨタ車が海外にある理由

2/12(水) 10:30配信

くるまのニュース

ドイツの消防署で活躍した「ランドクルーザー」も展示

 クルマの歴史を振り返るには「自動車博物館」に行くことをオススメします。国内外に様のさまざまな形態の自動車博物館がありますが、自動車メーカーが運営するなかで有名なのは、愛知県長久手市にある「トヨタ博物館」です。では、世界にも点在するトヨタ博物館にはどのようなものがあるのでしょうか。

【画像】ドイツは遠い…! なら画像で往年のトヨタ車を見よう!(89枚)

 世界にもさまざまなトヨタ博物館が存在します。ひとつはアメリカ・カリフォルニア州トーランスにある「トヨタUSAオートモービルミュージアム」です。

 トヨタの北米拠点に隣接する自動車博物館でしたが、2017年に北米拠点の移転(テキサス州プレイノ)にともない閉鎖されてしまいました。ただし、収蔵モデルの一部は新北米拠点の「エクペリエンスセンター」で展示されています。

 そしてもうひとつが今回紹介するドイツ・ケルンにある、ドイツトヨタに隣接する「トヨタコレクション」です。

 今回、筆者(山本シンヤ)の念願が叶い取材に行くことができました。ちなみに日本の自動車メディアとしては初潜入だそうです。

 ドイツにはメルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲンをはじめとする自動車メーカーが存在します。ある意味、トヨタにとっては“アウェイ”な地域ですが、なぜここにトヨタの自動車博物館が設立されたのでしょうか。

 元々はドイツで最初にトヨタディーラーをオープンさせたPeter Pichert氏のプライベートコレクションだったそうですが、2016年に逝去。

 その後、ドイツトヨタが彼の遺志を受け継いで全車両を買い取り、現在の場所でトヨタコレクションとして運営をスタートさせたそうです。

 そんなトヨタコレクションはドイツトヨタの敷地内に建屋がありますが、建屋内には社員食堂があり昼時は社員で溢れています。

 案内をしてくれたドイツトヨタのThomas Schalberger氏に話を聞くと「元々は屋内テニスコートだった施設をリノベーションしました」といいます。

 セキュリティを解除してドアを開けると、そこには広い敷地をビッシリと埋める数多くのクルマたちが展示されていました。 壁面にはトヨタコレクションの目玉の1台である赤いトヨタ2000GTの巨大な画像が飾られています。

 トヨタコレクションは「スターレット」、「カローラ」、「セリカ」、「ランドクルーザー」など、現役時代は街で良く見かけた “普通のクルマ”が多いのが特徴です。

 また、なかにはドイツの消防署で使われていたと見られる1975年式のランドクルーザーも展示されていました。

1/2ページ

最終更新:2/12(水) 12:28
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ