ここから本文です

1980年代のカクカクボディがカッコいい! 直線デザインがイカした車5選

2/12(水) 6:10配信

くるまのニュース

シャープなラインは日本人好み!? カクカクがカッコ良かった昭和のクルマ

 ファッションに流行があるようにクルマのデザインにも流行があり、近年は優れた空力特性や流麗なフォルムを実現するための、滑らかなラインを持つモデルが増えています。

【画像】今じゃ激レア?昭和のイケてるカクカクボディをチェック!(27枚)

 一方で、1980年代にはエッジの効いたシャープなボディラインが好まれ、とくにスポーティなモデルほど直線基調なデザインを採用する傾向がありました。

 そこで、カクカクしたデザインがカッコ良かった昭和のクルマを、5車種ピックアップして紹介します。

●三菱「スタリオン」

 1982年に発売された三菱「スタリオン」は、1970年代後半にデビューしたスペシャルティカー「ギャランΛ(ラムダ)」の後継車でありながら、若者を中心に人気があった3ドアハッチバッククーペ「ランサーセレステ」の後継車でもありました。

 北米市場を意識して、当時アメリカで流行していた直線基調のボディラインを持ち、ノーズには空力特性を向上させるリトラクタブルヘッドライトを装備。

 トップグレードに搭載されていたエンジンは、ギャランΛと同じ2リッター直列4気筒ターボ「G63B型」でしたが、シャープな外装デザインによって、スペシャルティカーからスポーツカーへのイメージチェンジに成功しました。

 1982年から1990年までの販売期間に、インタークーラー装着車、「シリウスDASH3×2」と名づけられた可変バルブ機構エンジン搭載車、輸出仕様と同じ2.6リッターターボエンジン搭載車などが追加ラインナップされ、なかでも最終型のブリスターフェンダーが装着された「GSR-VR」は、現在も北米で人気のあるモデルです。

●日産「パルサーEXA」

 1978年に日産「チェリーF-II」の後継として発売されたFFのコンパクトハッチバック「パルサー」は、欧州市場をターゲットとした世界戦略車です。

 そして、1982年に登場した2代目では、一転して北米市場を強く意識した「パルサーEXA」(輸出名:パルサーNX)が派生車として加わりました。

 初代パルサーが3ドアハッチバッククーペだったのに対して、パルサーEXAは、当時人気が高かった3代目「シルビア」と同様に、短いルーフと切り立った角度のリアウインドウとトランクを持つ、直線基調なデザインの2ドアノッチバッククーペです。

 また、デザイン上のアクセントとして、フロントノーズに開けられた小さなエアインテークとリトラクタブルヘッドライトが、スポーツコンパクトカーとしての個性を主張。

 搭載されたパワーユニットは1.5リッター4気筒SOHC「E15E型」エンジンで、スポーティなセッティングのサスペンションによって、運動性能が高く評価されます。

 1983年のマイナーチェンジでは国内初のドアミラーが装着され、パワフルなターボエンジン搭載モデルが追加されるなど、若者を中心に注目された1台でした。

1/3ページ

最終更新:2/12(水) 12:28
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ