ここから本文です

歌手ナム・テヒョン、SNSライブ放送中に涙&「WINNER」のファンに謝罪=「僕の音楽を好きになって」

2/12(水) 18:41配信

WoW!Korea

韓国男性バンド「South Club」のナム・テヒョンがSNSのライブ放送でファンと交流中に不安な心情を告白した。

ナム・テヒョンのプロフィールと写真

ナム・テヒョンは最近個人SNSのアカウントでライブ放送を行った。彼はファンに対して「とても恋しいし、会いたい。僕といると気分を悪くする人がたくさんいる」と謝罪し、つらい気持ちを吐露した。

ナム・テヒョンは「最近どんな曲を書けばいいのかわからなくなってしまった。いい曲が思いつかない。一生懸命作っても大衆ウケしないと言われてしまうから、僕が悪いのだと思う」と不安の色を見せた。

ナム・テヒョンがファンを見つめながら涙を流す場面もあった。彼は「僕の音楽も好きになってください。一生懸命作っているのに心が痛いです。すみません」と泣き出しそうになっていた。また「『South Club』がうまくいっていないのは僕たちのせいだと事務所に言われています」と戸惑う表情を浮かべた。

ナム・テヒョンの放送を見たファンたちは心配し始めた。最近SNSのライブ放送をするたびに不安な様子を見せていたからだ。

ナム・テヒョンは2016年11月に脱退した男性グループ「WINNER」についても言及し、「『WINNER』から脱退してから、うまくいっていないのは事実だ。我慢できず非常識な辞め方をしてしまったことについて初めて謝ろうと思う」と言って「WINNER」のファンに対して土下座した。それだけでなく「僕を憎まないでください。1日1日がとても怖いです。僕はそこまで駄目な人間ではありません。道徳を守る人です」と訴えかけ、ファンたちは心を痛めた。

これに対してファンは「体を大切にしてほしい」、「かなり追いつめられているように見える」、「自分との戦いに勝てますように」、「一緒に耐える気持ちで待っている」などとコメントし、ナム・テヒョンを励ました。

ナム・テヒョンは2014年8月にYGエンターテイメント所属の男性グループ「WINNER」としてデビューしたが、2年後に脱退した。2017年にはバンド「South Club」を結成した。

Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

最終更新:2/12(水) 19:07
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事