ここから本文です

新体制で全6試合フル出場のセメド「セティエン監督はとても信頼してくれている」

2/12(水) 10:20配信

超WORLDサッカー!

バルセロナに所属するポルトガル代表DFネウソン・セメドが、キケ・セティエン監督について言及した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。

メッシが珍しく反論 アビダルの発言に「名前を出せ」

2017年夏にバルセロナに加入以降、絶対的な地位を築くことができていなかったセメド。その影響で、昨夏にはアトレティコ・マドリーへの移籍が噂されるなど、バルセロナ退団の可能性が頻繁に報じられてきた。

そのセメドは今シーズン、負傷もありながらここまで公式戦25試合に出場。1月中旬に移行したセティエン体制では全6試合にフル出場を果たしている。

そんなセメドはポルトガル『A Bola』のインタビューで新指揮官についてコメント。安定して出場機会が与えられている現状に満足感を示している。

「物事は順調だ。新監督は僕をとても信頼してくれている。その信頼にこたえるためにできる限り努力するよ」

「今年はバルセロナに来てから、最高のシーズンかもしれない。僕は自分に起きていることにとても満足しているんだ。チームがリーグで首位にいないことが残念だけど、多くの試合が残っている。僕たちはまだチャンピオンになる可能性があるよ」

超WORLDサッカー!

最終更新:2/12(水) 10:20
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事